2018年2月の東京マラソンで16年ぶりに日本新記録を樹立した、設楽悠太(26)に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

マラソンを控えている選手は、その前の試合を練習の一貫で出場する選手が多い。しかし設楽は試合に出る以上、常に100%の力を出してトップを狙う。大会運営側から試合に呼んで良かったと思われる走りをするためだ。そんな全力で走りを支えるシューズとは。

「自分を信じること」「勝つ気持ちが大事」

昨年、設楽悠太は陸上界のレジェンドであるモハメド・ファラーと対談し、そこで設楽は感銘を受ける。レース結果にも大きく影響を与えた設楽のメンタルの変化とは。

設楽悠太(したら・ゆうた):2012〜2014年の東洋大学時代に箱根駅伝3年連続区間賞と活躍。2017年2月にフルマラソンに初挑戦。2017年9月にハーフマラソンの日本新記録(1時間0分17秒)を樹立し、2018年2月にはフルマラソンの日本新記録(2時間6分11秒)を樹立。マラソン界に現れた新星として注目を集め、2020年の東京五輪での活躍が期待されている。

アプリダウンロードはこちら