東京五輪で日本フェンシング界史上初の金メダルを獲得した
男子エペ団体の四剣士、見延和靖選手、宇山賢選手、加納虹輝選手、山田優選手が登場!
悲願の金メダルの裏側、東京五輪後の四剣士の今・未来についてアツく語る全4話。

「料理人!?」「わんぱくテクニシャン!?」
エペジーーン四剣士にそれぞれのキャッチフレーズを決める企画を実施!
特徴を現したピッタリな名回答、その場で思いついた珍回答がでたり…!?
お互いをよく知る4人だからこそ考えた、それぞれのキャッチフレーズが決定した第3回!

■見延和靖(みのべ・かずやす)
高校時代に父親の勧めでフェンシングを始める。当初はフルーレ、エペを両立していたが、大学入学後エペに専念。
NEXUS入社後は、五輪出場を目指し、イタリアへ単身武者修行も実行。
日本男子エペ個人では初のワールドカップ優勝を成し遂げる。2016年のリオ五輪では悲願の個人戦出場、6位入賞を果たした。
2019年には日本選手で初めて国際フェンシング連盟の年間ランキング1位となった。

■宇山賢(うやま・さとる)
香川県出身。兄の影響で中学1年からフェンシングを始める。県立高松北高2年時にインターハイ優勝。
高校卒業後は同志社大学商学部に入学。全日本学生選手権を2回生から3連覇を果たす。
189センチの長身と長いリーチを生かしてカウンターを狙う攻めを得意としている。2019年のワールドカップで団体優勝メンバー。

■加納虹輝(かのう・こうき)
2008年、北京五輪のフェンシングをテレビ観戦して興味を覚え、小学校6年でフルーレを始めた。
身長173センチと小柄ながら、ダミナミックな攻撃が持ち味。2017年のW杯3位で初の表彰台。
2019年にはW杯で優勝、世界選手権で6位など実績残す。団体戦ではアンカーを任されることも多い。4歳から8年間、器械体操の経験もある。

■山田優(やまだ・まさる)
三重県出身。身長184センチ。2019年のアジア選手権や全日本選手権で優勝。2020年3月のグランプリ大会で初優勝。
長い腕を生かして剣先を巧みにしならせる「振り込み」を得意とし、国際連盟が定めた五輪出場に向けた個人ランキングで
日本勢トップの4位となり初の代表に。姉あゆみさんも女子エペの元日本代表。

■DJケチャップ(MC)
お笑い芸人として培ったトーク力を武器に、スポーツDJ、スタジアムDJ、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍中。
マラソンや駅伝などのランニングイベントでは、累計300大会以上にて、大会DJだけでなく演出までを担当する。
近年は楽天ジャパンオープンテニスや、侍ジャパン野球日本代表試合など国際大会のトーナメントDJも務める。

スポーツブルアプリのダウンロード

iOSはこちら

Androidはこちら