2018年2月の東京マラソンで16年ぶりに日本新記録を樹立した、設楽悠太(26)に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

陸上を忘れ、休みの日は昼過ぎまで寝る、オンオフがはっきりしている設楽悠太。ではオンの時、試合の日はどのようにコンディションを調整するのか。Vol.2ではランナー・設楽悠太の個性に迫る。

設楽悠太(したら・ゆうた):2012〜2014年の東洋大学時代に箱根駅伝3年連続区間賞と活躍。2017年2月にフルマラソンに初挑戦。2017年9月にハーフマラソンの日本新記録(1時間0分17秒)を樹立し、2018年2月にはフルマラソンの日本新記録(2時間6分11秒)を樹立。マラソン界に現れた新星として注目を集め、2020年の東京五輪での活躍が期待されている。

アプリダウンロードはこちら