アルバルク東京は20日、ザック・バランスキーとの契約継続を発表した。

 アメリカ出身の同選手は、193センチ100キロのスモールフォワード兼パワーフォワードで、2015年に東海大学からアーリーエントリーでトヨタ自動車アルバルク(現アルバルク東京)に加入。今シーズン開幕前に右足関節捻挫のケガを負った影響で出遅れ、27試合の出場で143得点(平均5.3得点)を記録した。

 在籍7年目を迎えるバランスキーは、クラブ公式HPで以下のようにコメントしている。

「みんなどう?手洗ってる?今シーズンは怪我で始まり個人的に出遅れてスタートして、コロナで急に終わり、あんまり活躍せずに終わったシーズンだっただけにザックはもうアルバルクに残れない?と思ったそこの君!! まだいるぜ~

 世界中が大変な状況なのにまたチャンスをくれたクラブには感謝しかありません。スポーツの力でみんなに元気を与えられたらと思うので全力で顔晴ります。またみんなと笑顔で会える日を楽しみに、それぞれやるべきことやって明るい未来で会おう!!」