秋田ノーザンハピネッツは19日、中山拓哉との契約合意を発表した。

 182センチ85キロでポイントガードとシューティングガードを務める中山は、東海大学在学中の2017年に特別指定選手として秋田へ加入した。今シーズンは32試合の出場で213得点(平均6.7得点)115アシスト(同3.6アシスト)を記録したが、シーズン終了後に自由交渉選手リストに公示されていた。

 来シーズンも秋田でプレーすることとなった中山は、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「こんにちは、中山拓哉です。今シーズンも秋田でプレーさせて頂くことになりました。

 来シーズンを迎えるにあたって、自分自身考えることが沢山ありました。考えていく内に僕の中では日に日に日本一のブースターさんがいるこの秋田でプレーしたいという気持ちが大きくなっていきました。

 秋田を盛り上げる為にも、皆さんと一緒に笑顔になる為にも、僕がいま出来る事を一生懸命頑張ります。ブースターの皆さんも秋田ノーザンハピネッツの一員です。2020-21シーズンも一緒に戦ってください!引き続き応援をよろしくお願いします!」