新潟アルビレックスBBは18日、石井峻平との契約合意を発表した。

 地元・新潟県出身の同選手は、187センチ80キロのシューティングガード。駒澤大学からアースフレンズ東京Zに進み、2018年に新潟へ加入。在籍2年目の今シーズンは、26試合の出場で27得点22リバウンドを挙げた。

 石井はクラブ公式HPで、「今シーズンも新潟アルビレックスBBでプレーさせていただくことになりました。このような状況にも関わらず、プレーする機会を与えてくださったチームの皆様に大変感謝しています。3シーズン目となりますが、新潟のために自分のできることを精一杯頑張ります!今まで以上に覚悟をもって日々精進していきます!よろしくお願いします!」とメッセージを送っている。

 なお、新潟は星野曹樹との契約継続をすでに発表している。