「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会13日目、女子シングルス決勝で、第8シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第15シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)と対戦。第1セットは3-6でセレナが落とした。

両者は今回が2度目の対戦。8月の前哨戦となる「ロジャーズ・カップ」で対戦した際は、セレナが第1セット途中で背中を痛めて棄権している。同大会7度目の優勝、そしてマーガレット・コート(オーストラリア)の持つグランドスラムのシングルスタイトル最多記録である24個に並ぶことを狙っている37歳のセレナ。対して、トップ10との対戦成績が7勝0敗という驚異の快進撃を見せる19歳のアンドレスク。どちらに勝利の女神が微笑むのか、注目される。

第1セットはセレナのサービスゲームから始まった。第1ゲームでいきなりデュースに持ち込まれたセレナは、サーブが乱れてダブルフォルトが2本続き、ブレークを許した。

第2ゲームでチャンスを作れなかったセレナは、第3ゲームで気迫のネットプレーを見せ、これ以上は譲らないという闘争心を見せてキープする。

お互いに譲らず、サービスゲームをキープし合う展開が続くが、第7ゲームでまたも30-40とピンチを迎えたセレナ。サーブでしのいでデュースに持ち込むが、アンドレスクに攻めたてられ、簡単にキープはさせてもらえない。しかしこのゲームで握られた合計5本のブレークポイントをしのぎ、リードを広げさせなかった。

セレナの1ブレークダウンで迎えた第8ゲーム。ついにセレナが30-40とこの試合初となるブレークポイントを握ったが、ワイドへのサーブに手が出ず、ブレークバックはならなかった。

そして第9ゲームでもブレークポイントを握られたセレナ。アンドレスクのリターンにプレッシャーを感じているセレナはダブルフォルトでここもブレークされ、3-6で第1セットを落とした。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのセレナ

(Photo by Mike Stobe/Getty Images)