舞浜アンフィシアターにて、8月14日と15日の2日間にわたりeスポーツ高校生プレーヤーの頂点を決める戦い「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019」のFINAL STAGEが開催された。「STAGE:0」とは、eスポーツ競技の発展と世界で活躍する日本人選手の輩出を目指して、今年から始まった国内最大級のeスポーツ高校生大会だ。第1回となる今大会は3部門合わせて1,780チーム4,716名がエントリーし、全国7ブロックの代表決定戦を勝ち抜いたチームが舞浜に集結した。その中で、今回は14日に行われたFORTNITE部門とCLASH ROYALE部門の決勝の様子をお届けする。

最後にドラマあり!ラウンド制のFORTNITE部門

※大会アンバサダーであるアンガールズ・田中卓志氏(写真左)から賞品目録を渡される千葉県立下総高校「とうもろこし畑」のメンバー
※実況・解説を担当した写真左から平岩康佑氏、リテイルローのおじさん氏、ねこくん!氏。プレーヤーたちの高校生とは思えないレベルの高さに、驚きを隠せない様子だった

FORTNITEは42チーム84人のプレイヤーの中から最後の1人やチームまで生き残り、「ビクトリーロイヤル」を勝ち取るというゲームだ。1チーム2人で木や石などの素材を集めて砦を「建築」し、相手を武器やアイテムで倒していく。今回は3ラウンド制で行われ、予選1位だった日出高校(千葉)らを抑えて千葉県立下総高校が40ポイントを獲得し、第1ラウンド、第2ラウンドともに首位に立った。2位の桐生第一高校(群馬)に19ポイント差をつけ、このまま独走するかに思われた。

しかし、第3ラウンドは集中力を切らさず最後まで諦めなかった桐生第一高校が首位を奪取。最終結果はポイント集計が終了するまでわからないという、第1回大会にふさわしい緊迫した展開となった。その中で、初代チャンピオンに輝いたのは下総高校。試合後こそ「最後まで緊張していた」と語ったが、表情には一切出さず冷静に勝ち切った。毎日こつこつ取り組み、多いときは1日5時間以上にも及んだ練習の成果が実を結んだ。今後はプロチームに進むことも視野に入れているメンバーたち。日本、そして世界の舞台で活躍するeスポーツプレーヤーを目指すことを誓った。

“挑戦者”が優勝候補を次々に撃破!トーナメント制の CLASH ROYALE部門

※大会応援マネージャー・日向坂46からトロフィーを受け取る渋谷教育学園渋谷高校「Intuition」のメンバー
※実況・解説を担当した写真左よりきおきお氏、ドルジ氏、岸大河氏。「己を貫け」、「仲間を信じて」など選手たちにメッセージを送った

CLASH ROYALE(通称:クラロワ)は、最大8枚で構成されるカードデッキを駆使し、3分間の試合時間の中で自陣のタワーを守りながら敵陣のタワーを壊すという対戦型ゲームだ。海外でも競技大会が行われるなど、その注目度は非常に高い。今回は1チーム3人とサポートメンバー1人の計4人による、ベスト8、ベスト4、決勝戦がトーナメント制で行われた。その中でN高校(九州・沖縄ブロック代表)など数々の優勝候補を破る快進撃を見せたのが、渋谷教育学園渋谷高校だ(関東ブロック代表②)。

関東ブロック代表決定戦では優勝候補といわれながらも負けてしまい、ブロック2位でFINALに出場。「挑戦者という気持ちを忘れなかった」選手たちは、この時の敗北を糧にして関西大倉高校(関西ブロック代表)との決勝戦に臨んだ。今回のメンバーは全員高校2年生だが、来年以降のeスポーツ大会については「受験が近いので出場する予定はない」と、偏差値70オーバーの進学校の生徒らしい一面を見せた。

プロを目指す者もいれば、競技生活にピリオドを打つ者もいる。選手たちの進路は様々だが、大好きなゲームを純粋に楽しむ姿勢は皆同じだ。大きな注目が集まったSTAGE:0第1回大会という種は、やがて高校eスポーツ界で大きな樹へと育っていくだろう。世界を舞台に戦っていく未来のスターたちから、今後も目が離せない。

8月15日の無料ライブ配信は、こちら「Coca-Cola STAGE:0 2019 FINAL STAGE 決勝大会」(←クリックすると配信ページへジャンプします)