そこは彼の、始まりの地だった――。

 三重県津市の市街地から幾分離れた、伊勢湾を望む閑静な町。そこで両親が経営するテニススクールのインドアコートこそが、西岡良仁が今に連なる世界への道を歩み始めた出発点だ。



斎藤貴史(左)と沼尻啓介(中央)の同期選手と一緒にプロジェクトを行なう西岡良仁

 高窓から差し込む秋の日差しがボールから散るフェルトを輝かせながら、柔らかな陰影を描くそのコートで、彼は子どもたちにテニスを教えていた。

 西岡が旧知の仲である、斎藤貴史と沼尻啓介の同期選手とともに企画した、レッスンをメインとしたファンとの交流会。スポンサー探しから運営まですべて自分たちで執り行ない、『地域活性化プロジェクト』と銘打ったそのイベントには、この地から世界に達した西岡の背景と矜持が投影されていた。

 同イベントは昨年、沼尻の郷里である茨城県つくば市で開催され、今年の津市開催が2回目。昨年、前十字じん帯裂傷のために9カ月間コートを離れた西岡が、テニス界に何かを還元したいと思い立ち実現したプロジェクトだ。

 その前十字じん帯の大ケガから復帰した今年、西岡は一時ATPランキング380位まで落ちた地点から75位にまで駆け上がり、一旦のゴールラインに到達する。その道中では、「正直、今季できると思っていなかった」というツアー初優勝まで、中国の深センオープンで掴み取った。

 今回、種々の思い出が染み込むコートで話を聞いていると、レッスンを受けた小学生たちが代わる代わる西岡のもとに立ち寄り、「ありがとうございました!」と丁寧に頭を下げる。

「来てくれてありがとう! 楽しかった?」

 明るい笑顔を返す西岡は、「僕も、あんな感じだったんですよね」と記憶の針を巻き戻し、キャリアの始まりの日を語り始めた。

「ベースラインのあたりから、手で出してもらったボールを全力でぶっ叩いていました。身体が小さかったから、フォアもバックも両手でラケットを持って。ボールもプレッシャーを低くしたのを使ってましたね。

 僕もこのコートから出たし、全国優勝者も何人か出た。ここからでも強い選手は生まれるので、環境に恵まれないと強くなれないわけではない。そこは、みんなに知ってもらいたいです」

 地方出身であることは、彼の反骨精神の……つまりは、強さの核を構成する要素でもあるだろう。小学6年生時に全国タイトルを総ナメにするも、フロリダのテニスアカデミー留学を支援する『盛田正明テニスファンド』選考会には幾度も落選した。

 15歳の時、ボーナス的に訪れたラストチャンスをモノにしてIMGテニスアカデミーに渡ったが、周囲から聞こえたのは「150位より上には行けないだろう」の声。身長170cmに満たない細身で小柄な少年には、プロ養成所の空気はけっして優しくはなかった。

 そんな周囲の声を全力で否定すべく、彼は結果にこだわったという。

「有望株と言われる子たちは、世界中にたっくさんいる。そのなかで誰が突出できるかはわからないです。僕だってIMGでは、コーチたちから『150位で止まる』と言われていた。けれど、ツアー優勝できるわけですし。

 僕が突出できたのは、ひとつには、単純に負けず嫌いだからだと思います。試合は勝たないと意味がないと思っているので。負けてもいい試合、糧になる試合は確実にあります。でも、負けるか勝つかでいえば、試合は勝つに越したことはない。どんなに悪いプレーでも、勝つに越したことはないんです。

 だって、悪いプレーでも勝てば、翌日めっちゃよくなるかもしれない。調子なんて、その日次第なので。負けるのであれば、どれだけがんばれたかです。将来を見据えて取り組むのも絶対に大事ですが、僕は小さいころから、今が大事と思ってやってました」

 地方出身だからこそ、そして体格に恵まれていないからこそ育まれた『負けず嫌い』。

 その気概と並ぶ、もうひとつの強さの理由を解く糸口は、今回のクリニック中に受けた質問への、返答にこそ潜んでいた。

「どうすれば、プロになれますか?」

 小学生からそう問われた西岡は、「自分で考えることがすごく大事。練習も、どうしたら球が入るか、どのコースに打つのがいいかというのを、自分でイメージしながらすること」と即答した。それは、西岡自身が幼少期から、考え方の「癖」としてきたことだという。

「僕、人に言われるのが嫌だったので。『この時は、もっとクロス打つんだよ』とか言われると、『なんでそうしなくちゃいけないんだよ』と思っちゃう。何も指示されないのも嫌ですが、言われ過ぎるのもいやなので」

 面倒くさい性格なんです――。はにかんだ笑みとともに、彼がこぼす。ただ、彼の場合はその「面倒くさい性格」を、自主性と探究心へと向けていった。

 それら幼少期から培った考え方の癖は、ケガで戦線を離れた9カ月間を、成長の日々とすることに大きく寄与する。食事から飲み物に至るまで見直し、発汗量や汗に含まれる成分もチェックしながら、トレーニングや試合中に、どの程度の頻度でいかなる栄養素を取るべきか割り出した。

 その帰結として、ツアー優勝を手にし、世界の75位に至った今、西岡は負傷前に達した58位当時よりも今の自分のほうが強いと断言する。

「間違いなく、今のほうが強いと思います。あの時(58位に達した昨年3月)は勢いで勝っていた部分が大きかった。でも今は、それほど勝ちまくっていたわけではなく、徐々に戻ってきたなと感じたなかで優勝できた。今のほうが地力がある、実力がついてきての勝利かなと思います。

 一番よくなったのは、やっぱりフィジカルですね。優勝した大会は8日間で7試合戦い、2時間半の試合も3つやったんですが、それでも疲れをあまり感じなくて。もちろん、アドレナリンが出ている興奮状態でもあったけれど、ちゃんと戦い抜けたんです。しかも、あの時はケアトレーナーを帯同せず、マッサージを受けてないなかでもいいプレーを継続できたので、そこは成長していると思います」

 津市のテニスコートでボールを追ったそのころから、身体に植えつけてきた反骨精神と『考える癖』。それらを大切に育て、西岡は今、世界の大海原で大男たちを相手にひたむきに頂点を目指している。

「来年は、40位台には絶対に行けると思います。ツアー優勝もしたい。ATP250を獲ったから500のタイトルもほしいですね」

 プロフィールの「ツアータイトル数」の欄に刻まれた『1』の数字を、今後も増やしていきたいと彼は言った。原点であるコートから今に至るその路程を思う時、この先に続くさらなる栄光を思い描くのは、何も難しいことではない。