空手の形で世界選手権2連覇中、空手界を牽引する清水希容(24)に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

「試合のときのルーティンは作らない」

極限を求めて空手に打ち込む清水希容。「空手と無意識に繋がっている」と、休みの日も空手の研究に勤しんでいる。「好きで求めたいからこそ日常もそうなっている」と強さの秘訣を明かしてくれた清水は、遠征での荷物が多いと言う。女性ならではの荷物の多さかと思いきや、そこには清水のこだわりも詰め込まれていた。

清水希容(しみず・きよう):兄の影響で空手を始めると、高校3年生の時に全国高等学校総合体育大会で優勝。さらに史上最年少の20歳で全日本選手権を制すると、そこから5連覇。世界選手権でも2連覇と日本を代表する空手家に成長を遂げた大和撫子。2020年の東京五輪での金メダル獲得を狙うだけでなく、その先にある空手道の頂を目指し日々精進を重ねる。名前の由来は自分が希望した目標や夢を実現し、器の大きい人間になれるように。

アプリのダウンロードはこちら