規格外のメンタルを持つ平昌パラ金メダリスト、成田緑夢(24)に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

「僕の夢をもっともっと進化させられる」

障害を負っても笑顔でいられる事実を発信し、情報を共有することが夢を進化させる秘訣だと語る成田緑夢。2020年の東京五輪・パラリンピック出場を目指す成田が自身に一番言い聞かせている言葉を明かす。そして撮影後には子ども達の為に金メダルを獲得したスノーボードを手放す決意をした。

成田緑夢(なりた・ぐりむ):元パラスノーボード選手。小学校時代からスノーボード、並行してトランポリン競技に取り組む。2013年、トランポリンの練習中の事故により左足の腓骨神経麻痺の重傷を負う。2016年にパラスノーボードに挑戦し、2018年の平昌パラリンピックでは、スノーボードクロス銅メダル、バンクドスラローム金メダルを獲得。平昌パラ後にスノーボードを引退し、2020年では東京オリンピック、パラリンピックに挑戦すると発表。どの競技に挑戦するかは現在リサーチ中。

撮影協力:LIDDELL

アプリのダウンロードはこちら