10月12日、東京六大学野球秋季リーグの第4週2日目が行われ、第2試合では、早大が8対0で東大に完勝。今カード2連勝で勝ち点を5に伸ばして首位に立った。

早大の先発・今西は3回1安打無失点で降板。4回から小刻みな継投に入った

 久々の秋晴れの空の下で行われた一戦。早大は今秋のドラフト候補にも挙げられている身長2メートルの大型左腕・今西拓弥(4年・広陵)が今季初先発。対する東大は、西山慧(2年・土浦一)が今季3度目の先発マウンドへ上った。

 試合は3回裏に動く。この回先頭の8番・蛭間拓哉(2年・浦和学院)が2塁打を放って出塁すると、小宮山悟監督は「今西に打席が回って来たら代えるつもりだった」と早々に動き、9番・今西に代打・太田雅之(4年・早大学院)を送る。その太田がヒットで繋いで1、3塁とチャンスを広げると、1番・金子銀佑(4年・早稲田実)がセンター前へ抜ける先制タイムリー。さらに2死満塁となって5番・丸山壮史(3年・広陵)のサードへの打球が走者一掃の強襲タイムリーとなり、この回4点を奪取。続く4回裏には、前の打席でチャンスメイクした蛭間が、「試合前から自分の中での感覚は良かった」と、今度はレフトスタンドへ今季1号となる2ランを放り込んでリードを広げた。
 
4回から継投に入った早大投手陣は、3回を1安打無失点に抑えた先発・今西の後、2番手の西垣雅矢(3年・報徳学園)が3イニングを無安打無失点7奪三振と完璧に抑え込む好投を披露。打線が6回裏に野村健太(1年・山梨学院)のタイムリーで2点を追加すると、7回からは吉野星吾(4年・早稲田実)、柴田迅(4年・早大学院)と繋ぎ、最後は徳山壮磨(3年・大阪桐蔭)が締め、計5投手による完封リレーでゲームセット。今季通算成績を4勝2分けの勝ち点5として首位に立った。

敗れた東大は、過去2試合の登板で2回、3回1/3で降板していた西山が、この日も5回まで投げることができずに3回0/3を6失点で降板。打線も計3安打で14三振では成す術がなく、2017年秋から続くリーグ戦の連敗は「53」に伸びた。

4回裏、今季1号弾を放った早大・蛭間を迎え入れる早大ベンチ。蛭間は前日の3安打2打点に続いて、この日も2安打2打点の活躍を見せた

■東京大vs早稲田大2回戦
東大 000 000 000=0
早大 004 202 00X=8
【東】●西山、柳川、小宗、横山、奥野-大音
【早】今西、○西垣、吉野、柴田、徳山-岩本
本塁打:早大・蛭間《4回2ラン》

◎早稲田大・小宮山悟監督
「昨日の攻撃を今日も、というところで『序盤から積極的に!』と指示したんですけど、立ち上がりからパッとしなかった。ただ、必死に食らいつくてくる相手に対して、よく点をやらなかった。8点差はあったが、東大の必死さを感じていましたし、とりあえず2つ取れて良かった」

◎早稲田大・今西拓弥(4年・広陵)
「前回は迷惑をかけた。今日は立ち上がりをキッチリと抑えることができたので良かった。(先発で)真っ新なマウンドで投げさせてもらって、しっかりと打たせて取ることができたので、前回に比べたら良かったと思います。(痛めていた左肘は)まったく問題ない。ここから状態を上げていきたい」

◎早稲田大・蛭間拓哉(2年・浦和学院)
「(本塁打は)自分の中では捉えたので、もしかしたら行くかなと思っていたら入ってくれた。試合前から自分の中での感覚は良かった。力を抜いてセンター方向へというバッティングを意識して、今日の1、2打席目はできたと思います」

◎東京大・井出峻監督
「今西を捕まえたいと思っていたけど、なかなか…。あれだけおおきいと足元が弱いですからいろいろやりたかったんですけど、なかなかチャンスがなかったですね。ひとまわり見て、さあ攻撃だ、というところでこっちが捕まってしまった。西山に2まわり目の課題を突破してもらいたい」