日本野球機構(NPB)は7月2日、マイナビオールスターゲーム2018(第1戦=7月13日・京セラドーム大阪、第2戦=同14日・熊本)監督選抜発表を行った。

最多出場は、読売巨人・坂本、阪神・糸井の2選手で、10度目の球宴出場となる。

パリーグではファン投票、選手間投票に選ばれなかった千葉ロッテから、石川投手、内投手、ボルシンガー投手、中村内野手、荻野外野手ら5人が選出された。

また今年の初出場組として、セ・リーグ6人、パ・リーグ12人が選ばれた。オールスターでの活躍をきっかけにプロ野球での地位を確固たるものにしスター街道を駆け上がった選手も多いだけに、初出場組でどの選手が活躍するのか注目だ。

 

 

 

 

 

●印はファン投票選抜、◎は選手間投票選抜、他は監督選抜による。
回数欄の数字は選抜回数
○中数字は上記回数中怪我等のため不出場の回数