現役から選出は2人だけ、伝説的名王者の名がズラリ

 ボクシング界で最強は誰なのか――。ファンはこんなテーマで議論を交わすのが大好物だ。そのために「パウンド・フォー・パウンド」という指標もあるのだが、一方で複数のボクサーの長所を集めて1人の“完璧なファイター”を作ればどんな組み合わせになるのだろうか。ファンの心をくすぐる企画を海外メディアが展開している。

 パンチに優れた選手、スタミナに優れた選手、ディフェンスに優れた選手――。ボクサーは様々な長所を持ち合わせているのだが、英スカイスポーツは項目ごとに12人のファイターを組み合わせ、“完璧”を作り上げることにトライしている。

 同公式ツイッターが挙げた12人と、それぞれが担う項目は以下の通りだ。

【反射神経】ロイ・ジョーンズ・ジュニア(米国=4階級制覇王者)
【顎】ジェイク・ラモッタ(米国=世界ミドル級王者)
【ディフェンス】フロイド・メイウェザー(米国=史上初の無敗の5階級制覇王者)
【右の拳】エリック・モラレス(メキシコ=4階級制覇王者)
【左ジャブ】レノックス・ルイス(英国=世界ヘビー級王者)
【左フック】フェリックス・トリニダード(プエルトリコ=3階級制覇王者)
【アッパー】マイク・タイソン(米国=世界ヘビー級王者)
【スタミナ】モハメド・アリ(米国=世界ヘビー級王者)
【ボディーブロー】ジョニー・タピア(米国=3階級制覇王者)
【パワー】ジョー・ルイス(米国=世界ヘビー級王者)
【スピード】マニー・パッキャオ(フィリピン=6階級制覇王者)
【フットワーク】ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ=3階級制覇王者)

なぜあの選手が入ってない? ファンからは不満の声も

 そうそうたるレジェンドが名を連ねる一方で、現役ではパッキャオがスピード、ロマチェンコがフットワークでノミネートされている。

 英スポーツメディア「スポーツバイブル」でもこのスカイスポーツの企画を「“完璧なファイター”は一体? 12人のボクサーを合体」と題して特集。

 スカイスポーツのツイッター投稿にはファンから「強さがあれば、ロッキー・マルシアノかな」「何でジョー・カルザゲがどこの能力にも選ばれていないんだ。無敗のイギリス人ファイターだぞ! 史上最高のイギリス人ファイターなのに!」などと意見が届いていることも紹介している。

 新型コロナ禍でボクシングが見られない今、皆様も考えてみてはいかが?(THE ANSWER編集部)