ラモスジャパンが海の向こうで大健闘中だ。

28日、ビーチサッカーのワールドカップパラグアイ大会がアスンシオンで行われ、日本代表は準々決勝でウルグアイ代表を相手に3-2で勝利した。この結果を受け、2005年の大会以来、9大会ぶりとなる準決勝進出を果たした。

日本は、第1ピリオドに大場(レーヴェ横浜)と奥山(レーヴェ横浜)の得点で先制し、第2ピリオドには田畑(ヴィアティン三重)が追加点を決めた。その後、ウルグアイに2点返され冷やっとしたものの、きっちり逃げ切っている。

ラモス瑠偉指揮官率いるビーチサッカー日本代表は(日本時間12月1日)初の決勝進出をかけ、ポルトガル代表と戦う。

文 /スポーツブル編集部

写真 / スタジオアウパ