2019年9月25日
山陽(最終日)特別G1共同通信社杯プレミアムカップ

【12R=特別G1共同通信社杯プレミアムカップ優勝戦出場メンバー】
0mオープン 4,100m

1/佐々木啓(山陽23期)レノファ/試走3.31
2/青山周平(伊勢崎31期)ハルク・73/試走3.30
3/有吉辰也(飯塚25期)キックアス/試走3.34
4/鈴木圭一郎(浜松32期)カルマSK5/試走3.29
5/田中茂(飯塚26期)レイリー/試走3.35
6/荒尾聡(飯塚27期)デフジャムAK/試走3.33
7/佐藤摩弥(川口31期)Pタン/試走3.33
8/高橋貢(伊勢崎22期)Rウルフ/試走3.33


今節は台風の影響で2日目が中止となる波乱含みの開催となったが、3日目以降は台風一過で天候も回復し、準決勝および優勝戦は良走路で争われた。
近況のグレードレース優勝戦でバチバチと、火花を散らす鈴木圭一郎と青山周平を中心に、復活を印象づける有吉辰也、地元からは佐々木啓がただ1人優出を決めた。さらに佐藤摩弥は女性レーサー初のG1優勝も狙え、着順次第では年末のスーパースター王座決定戦トライアル初出場の期待が高まった。もちろん、実力者の高橋貢、荒尾聡、田中茂も虎視眈々(こしたんたん)と、V奪取を狙い、優勝戦は目の離せない好メンバーの一戦となった。



0mオープン戦ゆえに大注目のスタート。
まず飛び出したのは青い勝負服の4・鈴木だった。
内枠3車を叩き切り、早くも先頭に立つ。
2番手はスタート巧者の6・荒尾で、3番手は7・佐藤が好スタートを決めて続いていく。
2・青山は5番手での初周となった。



4・鈴木は快速を飛ばして、1周回で2番手以降を引き離しにかかる。
2周回3コーナーで7・佐藤が6・荒尾をかわして2番手に浮上。
2・青山は2周回目で4番手に上がると、さらに3周回1コーナーで6・荒尾を捲る。
さらに4周回3コーナーで7・佐藤を捌いて2番手まで上昇する。
しかし、既に4・鈴木は独走状態。
そのまま4・鈴木が8周回を影をも踏ませぬパーフェクトな逃げ切りで圧勝ゴール。走破タイムも3.354と好時計をマーク。
2着には2・青山、3着には1・佐々木の追い上げを凌いだ7・佐藤が入着した。

意外なことに鈴木はプレミアムカップ初優勝。
今年の前半戦は調子を落として、かつてのような連戦連勝の快進撃こそ鳴りを潜めていたが、先週のG1秋のスピード王決定戦に続いてのグレードレース連続制覇で完全に息を吹き返した。しかし、まだ“完全復活”とは敢えて記さない。
「それはまたSGを勝ってから」と、若き王者は気を引き締めているからだ。
来期(10月)も6期連続6度目となる『全国1位』の金看板を背負って立つが、これは最長記録でもある。
10月のSG全日本選抜(川口)、11月のSG日本選手権(飯塚)。そして、スーパースター王座決定戦と、年末に向けてビッグレースが続いていく。やや針が止まっていた『ナンバー1』の時計が、再び急速に動き始めている。



優勝/鈴木圭一郎(浜松32期)
スタート切れましたね!
ドドドが凄くて、コースはいつもより小さくなりましたが、スタートでいけたのが良かったです。
こっち(山陽)に来てからクランクを交換したのも大きかったと思います。
(枠番選択で4枠を選んだのは)最近は内枠を取って、スタートいって、みたいな考えがあったので、それでは自分らしくない。
4枠か8枠にしようと決めていて、さすがに8枠は……そう思い4枠にしました。
前回(3月のプレミアムカップ)はお客様に大変な御迷惑を掛けてしまいました。
それを覆すことはできないけれど、今節はお客様にシッカリ自分を買って、良い思いをしていただきたい、そう思って走りました。
自分が良い成績を残せない時でも先輩や同期が凄く手伝ってくれているので、今回も良い形で終われたと思います。
(プレミアムカップ初制覇して)これで吉原(恭佑・伊勢崎32期)君に何も言われないと思います(笑)。
(吉原とは)雨で対決してみたいですね!
※同期の吉原選手は2016年にプレミアムカップ制覇。