阪神―広島15  7回阪神無死一塁、大山が左中間に先制二塁打を放つ=甲子園【写真提供:共同通信社】


■大山悠輔(阪神)
○1-0vs広島東洋(甲子園)
打撃成績/空三振、遊ゴロ、左2①

 阪神の大山悠輔が7日の広島東洋戦で値千金の決勝タイムリー。4番の意地を見せ、チームを3連勝に導いた。

 阪神・高橋遥人と広島東洋・床田寛樹の両先発の好投で投手戦となった一戦。両チーム無得点で迎えた7回裏、無死1塁の場面で矢野燿大監督は4番の大山に送りバントのサインを出した。大山は2球バントを失敗した後、フルカウントからの6球目を左中間に運び、一塁走者の糸井嘉男が長躯ホームイン。このタイムリー二塁打がこの試合、両チーム唯一の得点となった。

 大山は「バントを失敗して、引きずっても仕方がないので、なんとかしようと気持ちを切り替えた。打点になって、正直嬉しかった」と安堵した。4番打者のバントに、場内は一時騒然となったが、矢野監督は「皆さんは驚いたかもしれないが、(大山)悠輔には、大事な場面ではバントのサインを出すこともあると伝えている」と、突発的な采配ではないことを説明した。8回無失点で勝ち投手となった高橋遥は、ここまで7試合に先発して防御率2点台前半と好投しながら、打線の援護に恵まれず1勝しか挙げていなかった。大山は「いつも(高橋)遥人には迷惑をかけている。今日も1点だけだったが、先制した後も頑張ってくれて、感謝しかない」と、2勝目をマークした左腕に感謝した。

 4番を任されている今季は、開幕直後に18打席無安打を記録するなど、悪戦苦闘が続いている。広島東洋との3連戦で唯一の安打が3タテを決める一打となり、「勝ててよかった」と若き4番は笑顔を見せた。