スイム・バイク・ラン3つの競技で限界に挑むトライアスロン。過酷を極める“鉄人”競技で3大会連続五輪に出場した上田藍に密着を敢行。前後編の2話でお送りする。

「メダルを獲りたい」

彼女はそう言い放った。過去3回オリンピックに出場したものの、届かなかった表彰台。前回のリオ五輪では涙が抑えることが出来なかったが、彼女の視線はすでに未来を見据えてる。酸いも甘いも経験してきた彼女の胸に秘める思いとは…

上田藍(うえだ・あい)京都府出身。中学時代は水泳部に所属し、京都・洛北高校進学後は陸上部に所属。高校3年の夏、これまでの水泳、陸上の経験を生かしトライアスロンの道に進む事を決心。高校卒業後は稲毛インターに所属し山根英紀コーチ指導のもと努力を積み重ねる。155cmと小柄ながら しなやかなパワーとスピードで自分より体格の勝る選手を圧倒する。北京五輪・ロンドン五輪・リオデジャネイロ五輪と3度の五輪に出場。自国開催の東京五輪で、初のメダルに期待がかかる。

アプリのダウンロードはこちら