4月14日(日)東京六大学春季リーグ戦 立大2回戦 @明治神宮球場

これぞ陸の王者の貫禄だ。昨日立大1回戦を制し先勝した慶大。勝ち点のかかる大事な2回戦の先発を任されたのは剛腕・木澤尚文(商3・慶應)。速球を中心とした気迫あふれる投球で立大打線を抑え込んだ。後を受けた佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)と増居翔太(総1・彦根東)も無失点で相手に流れを渡さず。打線は初回、中村健人(環4・中京大中京)の2ランで先制すると3回にも中村が適時打を放ち追加点を挙げる。7回には代打・福井章吾(環2・大阪桐蔭)にも適時打が飛び出し、リードを広げた。慶大は7-1で勝利を収め、重要な開幕カードを連勝。見事に勝ち点1を獲得した。

穏やかな陽光が照りつける春の神宮で慶大と立大の2回戦は始まった。初回、まっさらなマウンドに上がったのは木澤。先頭打者を二飛に仕留めるが、続く2番バッターが放った力ない打球はセンターへ。前に落ちるかと思われたがセンター渡部遼人(環2・桐光学園)がダイビングキャッチ。木澤の立ち上がりをバックが盛り立てる。その後2死一、二塁となったが相手打者を中飛に仕留め、初回を無失点で終える。するとその裏、先頭の柳町達(商4・慶應)がヒットで出塁すると、1死一塁から3番・中村が甘く入った直球をすくい上げレフトポール際へ2ランを放ち、先制に成功する。初回から援護をもらった木澤は最速150キロの直球を軸に変化球を低めに集め、アウトカウントを積み重ねていく。3回表に2死二塁のピンチから不運な形で適時三塁打を許すも後続は絶ち、同点のランナーの生還は許さなかった。

木澤は速球を武器に打者を翻弄していった

追加点が欲しい慶大は3回、先頭のピッチャー・木澤が右前へヒットを放ち出塁すると続く1番・柳町は四球。ここで打席に入った2番・渡部遼はピッチャーの前へ手堅く転がすも、打球を処理した相手投手がまさかの送球エラー。ボールがファールゾーンを転々とする間に木澤が生還し1点を追加した。なおも無死二、三塁のチャンスで打席には先制ホームランを放った中村。前の回のまずい守備を振り返り、「なんとか取り返したいなという思いで強く振れた」と放った打球は3塁線で高く弾み、レフトへの適時二塁打となった。中村の今日4打点目となる適時打で慶大はこの回2点を追加。リードを3点とした。

今日4打点の中村

木澤は鋭い変化球を織り交ぜながら威力十分の直球で立大打線を封じ込めた。ランナーを出しても「なんとか粘って最少失点に抑えられた」と、要所を抑えるピッチングで追加点を許さず、6回1失点、7奪三振の好投でマウンドを後にした。木澤に代わって7回からマウンドに上がったのは佐藤。2017年の秋季リーグ戦で最優秀防御率の栄冠に輝いたがケガに悩まされ、昨年わずか2試合の登板にとどまった佐藤にとっては復活のマウンドとなった。「緊張はしていたが調子は良かった」と先頭打者を威力ある直球で三振に仕留めると、佐藤の奪三振ショーが幕を開けた。最速149キロのストレートとスライダーを効果的に織り交ぜ、7回は三者連続三振と圧巻のピッチング。回を跨いだ8回は先頭打者の出塁を許しながらも冷静に一人一人の相手打者と対峙した。セットでも衰えないその直球で三振の山を築き、2回6つのアウトを全て三振で奪った。打線は7回、先頭・柳町がこの日2本目となる安打で出塁するとその後2死二、三塁とする。ここで打席には代打・福井。初球を振りぬくと打球はレフトの頭を超え、2人が生還した。福井の値千金の適時二塁打で慶大は終盤に貴重な追加点を挙げた。

福井は代打のチャンスをものとした

そして迎えた最終回、慶大の投手の名前がアナウンスされるとスタンドは拍手で包まれた。マウンドにあがったのは増居。昨春のセンバツで彦根東のエースとしてその名を世に知らしめた慶大期待のルーキー左腕だ。もちろんリーグ戦初登板であったが、「開き直ることができた」と持ち前のマウンド度胸でストライクを投げ込んだ。2死からピンチを迎えたものの最速142キロの直球で押し、最後の打者を見事に見三振に仕留め、試合終了。慶大が連勝で大事な勝ち点1をもぎ取った。

リーグ戦デビューを果たした増居

7-1というスコア以上に内容のある試合だったと言えよう。先発木澤は第2先発の期待に応え試合を作った。復活をかけたマウンドだった2番手佐藤は不安を感じさせない力強いピッチングで立大打線を制圧。スタンドの誰もが「剛速球左腕・佐藤」の復活を確信した。最終回に上がった増居もルーキーらしからぬ堂々とした投球を披露した。神宮の舞台を経験できたことは必ず今後に活きるだろう。打線も少ないチャンスをものにし効果的に投手陣を援護した。「開幕の難しい試合の中、昨日も今日も本当にいい形で勝てた」と大久保監督が振り返ったようにまさに投打かみ合った盤石の勝利だったと言える。一方で記録に表れないエラーや走塁ミスなど細かいミスが散見されてしまったのもまた事実だ。修正するべき点を次の強敵・法大との試合までに修正し、再び連勝で勝ち点を取る姿に期待したい。怪我人が復活を遂げ、新戦力が躍動した慶大。陸の王者の快進撃は誰にも止められない。

(記事:染谷優真 写真:小林歩)

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

--今日の試合を振り返って

木澤、佐藤がいいもの出してくれてナイスゲームだったと思います。

--今日の勝因はやはりピッチャーでしょうか

そうですね。ランナー出しながらも最少失点で粘ったのが大きいですね。あと中村のホームランで先制して立ち上がりから優位に試合運びができたかなと思います。

--木澤選手は6回1失点の好投でした

もう少しできるかなっていう期待感は持っています。ちょっともったいないなっていうランナーの出し方もありましたし、まだまだ良くなると思います。

--佐藤選手は久々の神宮のマウンドとなりました

去年の春明治戦で少し投げましたがあの時はまだ見切り発車で、今は何の不安もなく入れたので、本人もほっとしていると思います。

--最終回は増居選手がマウンドに上がりました

やはり今後戦力になってほしい選手ですし、十分その要素は持っていると思いますので。

--正木選手に代打を送った場面について

点が欲しかったからということです。正木は昨日からちょっと中川に合ってないからですね。

--連勝で勝ち点をあげました。法大戦に向けて

まずは開幕の難しい試合の中昨日も今日も本当にいい形で勝てたので、でもまだまだピッチャーも含めて良くなると思いますしその時間も与えられていると思いますので。法大戦もガチンコ勝負して良い試合して勝てるように頑張ります。

郡司裕也(環4・仙台育英)

--今日の試合を振り返って

始流れを相手に渡さずに自分たちのペースでできたので完勝かなという感じです。

--先発の木澤選手はどうでしたか

危なげなく打たれる気が全然しなかったので安心してリードできました。

--佐藤選手も良かったですね

久しぶりのマウンドだったのでどうなのかなと思ったのですが、本来の調子を取り戻していたので良かったです。

--増居選手はいかがでしたか

ピンチは招きましたが落ち着いているので最後も堂々と投げられていたと思います。

--立大戦を通しての手応えは

チームとしてやってきたことがよく出ていて、良い取り組みができているんだなと感じられたので、それを継続していきたいです。

--次戦に向けて意気込みをお願いします

次の法大は強敵になると思います。2週間空くのでしっかりと準備していきたいです。

中村健人(環4・中京大中京)

--今日の試合を振り返って

ピッチャーが頑張ってくれたおかげで、打線も繋がってくれて、連勝も素直に嬉しいなという感じです

--先制HRを放ちました

振り切ったくらいだったので、風に乗ってくれと思って打った後走っていました。

--第2打席も適時打を放ちました

その前に僕がエラーをして失点していたので、なんとか取り返したいなという思いで強く振れたのがいい結果になったなと思います。

--次は法大戦です。意気込みを

僕自身としても捕球ミスと走塁ミスと、ミスだらけなので、打ってプラマイゼロくらいだったと思っているので、また2週間しっかりと準備をしていきます。法政強いと思うのでしっかりとぶつかっていけるようにしていきたいと思います。

木澤尚文(商3・慶應)

--今日の試合を振り返って

昨年の秋のリーグ戦でなかなか2戦目勝てないっていうのがチームとして、特に投手陣として課題になっていたので、その点2連勝で勝ち点を取れたことはチームにとって大きいと思います。

--ご自身の内容振り返って

毎回ランナーを背負う形になってしまって決して自分の思い通り投げられたわけではないですが、なんとか粘って粘って最少失点に抑えられたのは次につながると思います。

--6回7奪三振でしたがどの球種が良かったですか

結構当たると飛ばしてくるバッターが多かったので、変化球低めに集めてっていうのが結果的に空振りしてくれて助かったなっていう感じですね。

--直球は最速150キロを計測しました

直球で押していくのが自分の投球スタイルですけど、なかなかそう簡単にいく打線でもなかったので、スピードが速いに越したことはないですけど、結果的に抑えられて良かったです。

--第2先発を任されましたがどのようなお気持ちで臨まれましたか

髙橋佑樹さん(環4・川越東)にずっと頼りっきりになってしまっていて、2戦目の先発を任されるっていうことがどういう意味かっていうのも自分で分かっていたので、ピッチャー陣を代表してひとりひとり繋いでいこうと思って投げました。

--法大戦に向けて

すごく手強いバッターが揃っているので自分のベストのピッチングができてやっといい勝負になると思うので、そこまで自分の状態をあげるというよりもっと成長していけるように、この間の週を過ごしていきたいと思っています。

佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)

--今日の登板はいかがでしたか

1年ぶりの登板だったのですごく緊張しました(笑)とりあえず全力で一人一人投げ切れて、抑えられたので良かったかなと思います。

--ここまでの1年間を振り返って

「頑張れ」と応援される反面、「しっかりしてくれ」と言われることもありました。でもその言葉があったからこそ、自分の中で奮い立たせて、今日のように投げることができて、結果を残せたと思います。1年間苦しかったのですけど、それをバネに力に変えることができたので良かったと思います。

--初回は三者連続三振でした

緊張はしていましたがストライクが入っていたので、調子は良かったのかなと思います。ストレートが結構良かったのと、対戦相手が初見だったこともあって、自分の方が有利だったのかもしれないです。しっかり抑えられましたが、これからかなと思います。

--今後先発、中継ぎ両方の役割も考えられます

与えられた役割を今日のように一人一人果たすつもりです。先発としても欲を出さずに一人一人全力で投げていきたいです。

--次の法大戦に向けて 今までのリーグ戦でシーズンを通して投げられたことがないので、ケガなく早慶戦を迎えられたいと思います。その中で今日のような投球ができればいいなと思います。

福井章吾(環2・大阪桐蔭)

--今日の試合を振り返って

ずっと去年負けてから、とりあえず1戦目を取るという話をしていたので、冬からずっと練習してきてまず勝ち点取れたというのは本当に良かったです。

--どんな気持ちで打席に入りましたか

ずっと準備はしていたので、スタートで出たいのはもちろんあるのですけども、代打で1打席しかないなというのは思っていたので、とにかくゾーンに来たら全部振っていこうと思っていました。ゾーンに来た球を振り抜けて、チャンスで欲しいところで追加点取れたので本当に良かったなと思います

--代打出場後にすぐにブルペンキャッチャーを務める場面もありました

色々なポジションを守れるというのが僕の持ち味なので、バッティングだけじゃなくてブルペンのピッチャーの気持ちを高めるのもそうですし、ファーストならファースト、サードならサードでどこのポジションでも自分の役割を全うすることが大切だと思っています。ブルペンにまだ出てない選手がいたので準備をしてほしいという意味も含めてブルペン行きました。

--立大戦での勝ち点を取りました、このカードを振り返って

苦しい勝負になるのは分かっていた中で、全員の力で勝ち点を取れたので、この次の法政戦に向け、しっかりと準備して挑みたいと思います。

--法大戦に向け意気込みを

チームとしてはまず1戦目しっかりと取れるように準備をして、先のことは考えずにし、しっかりと勝ち点取れるようにすることです。個人としてはもう1回状態を上げていって、スタメンで出られるように準備することと、1打席、2打席としっかりと準備、集中をして結果を残してチームのために何かできればなと思います

増居翔太(総1・彦根東)

--今日の試合を振り返って

今日は序盤から投げるかもしれないということが何回かあったので気持ちの作り方が難しかったのですが、最終回にしっかり気持ちを入れて投げることができて良かったです。

--どのようなお気持ちで臨みましたか

後ろにも頼れる上級生のピッチャーが残っていたので、自分は打たれてもいいっていうくらい思い切り腕を振ることだけ考えて今日は投げました。

--緊張は無かったですか

序盤の方で投げると言われた時には緊張したり落ち着いたりを繰り返していたのですが、点差も開いて、開き直ることができて、腕を振りすぎてしまったくらいでした。

--今後どのような活躍をしていきたいですか

まずこのリーグ戦はチームの中で自分が出来る役割をしっかりと果たせるようにどんな持ち場でも全力でやってきたことを出せるようにしたいです。