引退しても以前と変わらず日本野球界に大きな影響力を与える松井秀喜氏に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

「○○○○は大きなカギ」

2018年日米野球でメジャーリーグ選抜チームのコーチを務め、日本に凱旋した松井秀喜氏。かつて巨人軍で共に戦った槙原寛己氏がスポーツで夢を目指す学生へメッセージと約1年半後に迫ってきた2020年東京五輪に向けてへの思いを引き出してくれた。さらにVol.1〜4に入りきらなかったこぼれ話も番外編として公開中。(https://sportsbull.jp/p/447444/)そこでは松井秀喜氏からもらった特別サインボールが当たるキャンペーンも実施中。

松井秀喜(まつい・ひでき)石川・星稜高校で4番として甲子園に4度出場。92年夏の明徳義塾戦での5打席連続敬遠は当時、日本を大きく賑わせた。92年、ドラフト1位で巨人に入団すると10年間で3度の本塁打王を獲得するなどクリーンアップとして活躍。MLBニューヨーク・ヤンキース移籍後、2009年のワールドシリーズ優勝に貢献し、日本人で初めてワールドシリーズMVPを受賞し、2012年に引退。

アプリのダウンロードはこちら