首位に立つ慶大が4対1で立大に快勝。先発の髙橋佑樹(3年・川越東)の好投が光り、4カード連続の白星スタートを切った。

9回3安打1失点で初完投勝利を挙げた慶大・髙橋佑

 

 早大、法大相手に負け越して勝ち点1止まりの立大と、ここまで3カード連続で勝ち点を獲得してきた慶大の対戦。試合が動いたのは3回裏。慶大の1番・中村健人(3年・中京大中京)がこの日チーム初安打を放つと、2番・渡部遼人(1年・桐光学園)がラッキーな内野安打。その後、犠打と四球で1死満塁として、5番・柳町達(3年・慶應)が押し出し四球を選んで1点。さらに6番・嶋田翔(2年・樹徳)がレフトへ犠牲フライを放ち、慶大が2点を先制した。

 

3回裏、慶大の嶋田がチーム2点目となる犠牲フライを放つ


 

 

 その後、7回裏2死走者なしから、1番・中村が「甘いボールを思い切って打つことができた」とレフトの頭上を越える今秋5本目の本塁打を放つと、続く8回裏には2死2、3塁から相手エラーで追加点。投げては、先発の髙橋がと立ち上がりから丁寧なピッチングを続け、リズムを崩すことなく9回110球を投げて、3安打1失点の自身初完投で今秋無傷の4勝目をマーク。「そんなにコントロールは良くなかったんですけど、開き直って思い切って投げたのが、今日は良い方向に転がった」と笑顔を見せた。

5回1死2、3塁のピンチを無失点で凌いでベンチに下がる慶大・髙橋佑

 敗れた立大は、先発の川端健は2安打ながら5四球と制球が乱れて3回途中で降板。打線は4回表に4番・種田真大(4年・大垣日大)がセンター前タイムリーを放って1点を返したが、9イニングを通じて奪ったのはその1点のみ。2番手・中川颯(2年・桐光学園)が4回2/3を1被弾のみの1安打に抑えたが報われず。5回1死2、3塁のチャンスで無得点に終わったのが痛かった。
 

■立教大vs慶應義塾大1回戦
立教大   000 100 000=1
慶應義塾大 002 000 11X=4
【立】●川端健、中川、手塚-竹葉
【慶】○髙橋佑-郡司
本塁打:慶應義塾大・中村《7回ソロ》

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「髙橋が良く投げた。展開で(系統を)迷うところもありましたけど、最後までよく頑張りました。連覇という意識はない。あと2つ、勝ち点を取る。去年のチームを越えることだけです。あと3勝、頑張ります」

◎慶應義塾大・髙橋佑樹(3年・川越東)
「勝ったんで気分はいいですけど、内容はそんなによくない。点の取られ方が悪かったですし、もう少ししっかりやらなきゃと思います。そんなにコントロールは良くなかったんですけど、開き直って思い切って投げたのが、今日は良い方向に転がった。でもこのままじゃ良くないと思います。(味方守備陣の好守に)野手に投げやすい環境を作ってもらった。1球1球、相手のバッターを抑えることだけを考えて投げています。ちょっとずつ良くなってきている実感はあります」

◎中村健人(3年・中京大中京)
「打ったのはスライダー。スイングが小さくならないように心がけて、甘いボールを思い切って打つことができました。中川投手を打ちあぐねていたので、いいところで打てたと思います。この秋は、打席の中で1球毎に気持ちを切り替えられるようになった。それがいい結果に繋がっていると思います」