2018年8月26日、残暑厳しい大阪の地で「eBASEBALL パワプロ・プ ロリーグ」プロテスト西日本選考会が行われた。

 

「eBASEBALL パワプロ・プ ロリーグ」プロテスト西日本選考会フォトライブラリーは、こちら

 

西の戦いの舞台となったのは、大手テレビ局。ABCテレビのAスタジオで、eBASEBALL白熱の試合が繰り広げられた。

「eBASEBALL パワプロ・プ ロリーグ」プロテスト西日本選考会は、オフライン予選を勝ち抜いた選手だけが対戦実技審査と面接に進み、朝から夕刻まで丸一日かけて技術とパワプロ愛を競い合う場所になっていた。選考会場のABCテレビ(Aスタジオ)には、昨年開催されたeスポーツ選手権「パワプロチャンピオンシップス2017」の上位者をはじめ、個性豊かな選手たちが会場 に集結。

「スポーツブル」注目の e-athleteさんらいく選手やてぃーの選手らも姿を現し、会場を湧かせた。

写真右)モニターを凝視するてぃーの選手

この西日本選考会を通過すれば、9月29日(土)開催「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」eドラフト会議に進む可能性を持つ「 eドラフト会議出場候補選手(最大34名)」に残ることが可能なだけに、選手達に予断はない。

戦いを終えた今、選手達の勇姿を取材させて頂くメディアとして、西日本選考会に参加した「全てのe–athleteにお疲れさま」と労いたい気分になった。今日までの重圧を一旦リセットして休息しても良いだろう、素人目線でついそう考えてしまっていた。

しかし、そんな労いは不要だったかもしれない。西日本選考会に参加したe–athlete達は規格外だった。戦いを終え、帰路に立つe–athlete達は、それぞれに握手を交わし静かに会場を後にすると、SNSで「今夜のパワプロは、どう戦おう」などと呟き始めている。彼らにとって、休む間など無い。それほどまでにパワプロは、e–athlete達を虜にする最強エンターティメントなのだろう。

「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」西日本選考会の後は、9月1日(土)「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」プロテスト東日本選考会が開催される予定だ。

今秋開幕となる「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」に向け、益々盛り上がりをみせるeBASEBALL。東日本選考会・西日本選考会を通過したeドラフト会議出場候補選手最大68名の中から、eドラフト会議に進出する“eドラフト候補生“ 36名は後日決定発表される。

 

取材・文/スポーツブル編集部