【写真提供:共同通信社】

 

 代名詞であるフルスイングで球界を席巻し続けている柳田悠岐(福岡ソフトバンク)が、5年連続5度目のオールスター出場を、両リーグ最多となる61万9150票を集めて決めた。
12球団最多得票は2016年、2017年に続く3年連続となったが60万票に乗せたのは今回が初めて。「たくさんのファンの皆さんに票を頂いて、光栄だし本当に感謝しています。ガムシャラに、喜んでもらえるプレーをしたいですね!」と柳田。3年連続12球団最多得票は、95年から6年連続だったイチロー(オリックス)以来となる快挙。その期待に応えるべく、自慢のフルスイングを存分に披露するつもりだ。
だが、過去2年のオールスターでは凡打が続いた。2016年は、第1戦(ヤフオクドーム)で2打数無安打1三振、第2戦(横浜)では2打数1安打1三振。続く2017年は、第1戦(ナゴヤドーム)で2打数無安打1三振、第2戦(ZOZOマリン)では3打数無安打2三振。最多得票で出場して2年間は計9打数1安打5三振と空振りが目立つ。
選手間投票でも選出されて「プロの選手に票をいただいたのは光栄ですし、非常にうれしい」と喜んだ柳田。シーズン途中からはチームの4番打者として働いて三冠王への期待も高まる今季こそ、最多得票の期待に応える豪快な一発を期待したい。もちろん狙うは自身初のMVPだ。