ラグビーワールドカップ2019まであと1年3か月だが、南米の雄、アルゼンチン代表が混乱している。
 2013年から指揮を執り、2015年のワールドカップではベスト4に導いたダニエル・オルカデ ヘッドコーチが、現地時間6月16日に地元サンタフェでウェールズ代表に12-30で敗れたあと、辞任を発表した。

 オルカデ体制下でのアルゼンチン代表は、テストマッチ59試合を戦って21勝38敗(勝率35%)。2014年にオーストラリア代表を下し、南アフリカ代表からは2勝、ニュージーランド代表を苦しめたこともあり、ワールドカップでは2大会ぶりの準決勝進出を果たしてファンを喜ばせたが、昨年は10敗を喫し(2勝)、今月は地元でウェールズに連敗と不振が続き、責任をとった。

 アルゼンチン代表とほぼ同じメンバーで編成されているジャガーズは、スーパーラグビー参戦3季目の今年、16節を終えて8勝5敗で7位につけ、初めてプレーオフに進む可能性があるが、オルカデ率いる代表チームではその勢いをつなげられずにいた。

 オルカデはトゥクマン出身で、現在60歳。選手時代はSHでプレーし、指導者となってからはアルゼンチンのU21代表、セブンズ代表で指揮を執り、国内有望株を集め編成したチームを率いて南アフリカの大会で優勝したこともある。2007年のワールドカップではポルトガル代表のアシスタントコーチを務めた。
 アルゼンチン代表ヘッドコーチとしては、今週末のスコットランド代表戦がラストゲームとなる。

 アルゼンチンラグビー協会は、8月のザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)が始まる前に新しいヘッドコーチを探さなければならない。海外メディアの間では後任候補として、今年からジャガーズを率いているマリオ・レデスマ ヘッドコーチ(元アルゼンチン代表HO)の名前が挙がっている。