5月11日、全日本男子バレーチームの始動会見が味の素ナショナルトレーニングセンターで行なわれた。活動自体は4月9日にスタートしていたが、今年から主将に就任した柳田将洋、セリエA3年目の石川祐希、ドイツ・ブンデスリーガに留学した大竹壱青(いっせい)など、海外組の帰国を待っての会見となった。



全日本男子の主将となった柳田(右)と、エースの石川(左)

 全日本男子の国内での公式戦は、6月8日から10日に大阪で行なわれるネーションズリーグ予選第3週大会が唯一のものになる。ネーションズリーグは5月25日に開幕し、予選ラウンドは5週にわたって世界各地を転戦。各大会で3連戦する。8月にはアジア大会、9月には世界選手権があるが、時期が近接しているため、日本は代表を2チームを構成してそれぞれで大会に臨む。

 中垣内祐一監督は、チームのスローガンを「ノーリミット」と掲げ、その理由について説明した。

「グラチャンで全敗した世界トップのチームと、これから戦って勝っていく。東京五輪で表彰台に上がるんだ。この目標は絵空事じゃない、われわれは挑戦するんだ。自分たちの能力を疑わずに勝ち取るんだ。そういった意味を込めて、『ノーリミット』としました。

 選手だけでなくスタッフも、相手が強いとか、ランキングで逆転するかもしれないとか、そんなことは口にせずに、心の中で思考をいったん取り去って挑戦していく。そういう姿勢を大事にしたいと思います。挑戦しないところに結果はないですから、まずネガティブな思考をなくし、自分たちを信じて限界に挑戦したいと思います」

 会見には15名の選手が出席した。セッターは、昨年の正セッターである藤井直伸は継続して選ばれたが、昨年の主将だった深津英臣が外れ、同じパナソニックから関田誠大が入った。攻撃専門のオポジットには大竹壱青が昨年に引き続き選出され、昨年は控えだった出耒田敬(できた・たかし)でなく、1月に現役高校生Vリーガーとして衝撃のデビューを果たした西田有志が選ばれている。西田は「この場に立てることを光栄に思います」と胸を張った。

 ミドルブロッカーは李博、山内晶大、高橋健太郎、伏見大和と、李博以外は2m超のビッグマンを揃えた。注目のウィングスパイカーは、主将の柳田将洋、石川祐希、守備型の浅野博亮、高野直哉。リベロは昨年グラチャンベストリベロの井手智、3年前から海外リーグに挑戦する古賀太一郎という顔ぶれになっている。



会見に出席した全日本男子メンバー photo by Nakanishi Mikari

 もっとも、このメンバーはネーションズリーグ第2週目までのメンバーだ。中垣内監督は、第3週以降には会見出席者以外のメンバーが呼ばれることも十分にありえると話す。メンバーから漏れた深津について、「彼はリーグ優勝、というか天皇杯も黒鷲旗(全日本男女選抜大会)も優勝しているチームの正セッター。昨年も見ているし、彼の実力は十分よくわかっている。そのうえで、今年度は関田に注目したいということで、この選出となった。第3週以降に深津を呼ぶことも当然ありえる」という。

 出席者の中で、石川だけはケガの治療のために2週目まではネーションズリーグに参加しない。第3週の大阪大会には、中垣内監督だけでなく石川本人も「可能なら出場したい」と意欲を見せているが、現在は合宿に合流しても別メニューをこなしている。ケガの箇所は腰と膝で、膝は両膝をケアしなければならない。

 それでも石川は、今年度の最も大切な大会と位置づけられている世界選手権に、万全のコンディションで臨むために調整を続けている。昨年度も、プライオリティの高い世界選手権アジア予選にはベストパフォーマンスを見せただけに、今年度もベストコンディションに仕上げてくるはずだ。

 今年3月末に大学を卒業すると同時に、プロ選手として海外でプレーすることを宣言した石川。来季にプレーするチームはまだ決まっていないが、世界選手権に向けての意気込みを次のように語った。

「日本のチームからも、いくつもお誘いがありましたが、海外でやることを選択しました。日本のチームに所属してレンタルでというお話もいただいたんですけど、『海外でステップアップを図るときに、それが足かせになるのでは』と思い、まったくのフリーでやることを決断しました。来季のチームはまだ決まっていません。ヨーロッパの、イタリアかポーランドあたりがいいかなと思っています。

 平昌五輪での日本人選手の活躍は、大きな刺激になりました。時間はかかるでしょうけど、自分たちもメダルを目指す心構えでいたい。世界選手権は自分たちの立ち位置を確認できる場になるでしょう」

 主将を務める柳田将洋はさらに貪欲だ。中垣内監督は世界選手権ベスト8を目標として掲げているが、「僕ら選手はベスト8といわず、全部勝つつもりでやってます」と断言した。

「バカげたことと言われるかもしれませんが、いつも優勝を目指してやっています。世界選手権第1次ラウンドは死のグルーブ(イタリア、アルゼンチン、ベルギー、スロベニア、ドミニカ共和国と同組)に入りましたが、全部勝って、少しでもたくさん試合をやって上位になれるよう全力を尽くします」

 主将を任せると告げられたのは、中垣内監督が2月に行なったドイツ視察でのこと。自身初の経験ではあるが、それを告げられたことについて、「リーグ中盤だったので、その後を戦う、いいモチベーションになりました」と笑う。

 目標を高く設定する柳田だが、慎重な面もある。主将としての東京五輪への思いを聞かれた際には、「まず来年、僕が代表に選ばれて、その上で主将に選んでいただけるか、そこからが勝負です。常にギリギリのところにいるという緊張感を持って、コートでもそれ以外でも過ごしていきたい。もちろん東京五輪に出場することは夢です。そのためにすべて出し切り、自分らしいキャプテンシーを発揮したい」と答えている。

 中垣内監督も「主将については、ずっと同じか毎年変えるかはわからない」と話したが、この緊張感をチーム全体で保ちながら強化を進めたいという思いの表れだろう。今月末からの戦いで、その成果が出てくることを期待したい。