慶大が4対1で立大に快勝。今カード1勝1敗として3回戦へ持ち込んだ。

6回のピンチでマウンド上に集まる慶大バッテリー&大久保監督

 勝ち点2同士の首位対決。前日の1回戦を落とした慶大は、立大の先発・手塚周(3年・福島)の立ち上がりを攻め、1死1、2塁からから4番・郡司裕也(3年・仙台育英)が「来た球を強く振ることだけを考えた。4番の仕事です」とライトオーバーのタイムリー2塁打で1点。さらに5番・嶋田翔(2年・樹徳)の併殺崩れの間に1点を追加し、幸先よく2点を先制。続く2回裏にも2死2塁から2番・河合大樹(4年・関西学院)が三遊間をしぶとく破るレフト前タイムリーを放ち、序盤で3点のリードを奪うことに成功した。

 味方の援護をもらった慶大の先発・菊地恭志郎(4年・慶應志木)は、初回から力強いボールで相手を寄せ付けずに5回まで1安打で無失点ピッチング。6回表に無死2、3塁のピンチを背負ったが、内野ゴロの間の1点のみの最少失点で切り抜けた。するとその裏、2死2塁の場面で3番・柳町達(3年・慶應)がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放って貴重な追加点。7回途中からは髙橋佑樹(3年・川越東)、石井雄也(3年・慶應志木)と繋いでゲームセット。今カードの勝敗を1勝1敗のタイとした。

6回1失点の力投を見せた慶大・菊地

 敗れた立大は、先発の手塚が2回で降板。7回無死満塁の好機に無得点だったのが響いた。明日7日は天候が気がかりだが、「田中誠也をどうやって攻略するか。どうやって点を取るか」と慶大・大久保秀昭監督。攻守の要である郡司も「これ以上抑えられると調子に乗る。そろそろ黙らせたい」と立大エースの攻略に闘志満々。優勝争いの行方を大きく左右する前半戦の大一番になる。

■立教大vs慶應義塾大2回戦
立教大   000 001 000=1
慶應義塾大 210 001 00X=4
【立】●手塚、江口、川端健、橋本-藤野
【慶】○菊地、髙橋佑、石井-郡司

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「昨日の(2点奪った)最終回の攻撃が今日に次なかったのかな。運よく良い所に飛んでくれて、先制できたのが大きかった。菊地がゲームメイクをしっかりした。大ピンチが2回ありましたけど、最少失点と無失点によく凌ぎましたね。これで1勝1敗なので、また明日がんばります」

◎慶應義塾大・河合大樹外野手(4年・関西学院)
「(4安打の活躍に)内野安打が3本で、いい意味で僕らしさが出たかなと思います。今日は良い入りができた。(前日の敗戦に)どこかで負けると思っていたし、常に攻めるという姿勢でやっている。まだまだできていないことも多い。明日は田中誠也投手をチーム全員で崩せるように頑張ります」

◎慶應義塾大・郡司裕也捕手(3年・仙台育英)
「ピンチばかりでドキドキするシーンが続きましたけど、ピッチャーがよく粘ってくれたと思います。大量失点してもおかしくない場面でも追い付かれてもいいやぐらいの気持ちでリードしたし、ピッチャーにもそう伝えた。それぞれのピッチャーの良さは分かっているし、それを今日は引き出せたと思います。監督からは『お前がキーマンだ』と言われている。プレッシャーを感じるよりも、むしろ楽しんでやれています」