男女の別が無いウィルチェアーラグビーで女性初の日本代表選手・倉橋香衣(27)に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

ウィルチェアーラグビーの女子選手は日本に3人しかいない。倉橋は競技人口を増やすため、今後は海外で行われている女子の大会への参加を考えているという。最終回となる第四弾は、倉橋の”これまで”と”未来”を語る。

倉橋香衣(くらはし かえ):男女の別が無く、唯一車いす同士のタックルが認められているウィルチェアーラグビーにおいて女性初の日本代表選手。高校まで体操選手で大学進学後はトランポリンを始めるが、2011年トランポリンの転落事故で頚椎損傷。2014年にウィルチェアーラグビーを始め、2017年に日本代表に選出。ウィルチェアーラグビー日本代表はリオパラで銅メダルを獲得し、注目度を高めている。