※掲載期限切れのため動画は削除しました

9月29日、京都フローラVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第17戦が、わかさスタジアム京都で行われた。

マジック1で迎えた兵庫ディオーネ、先発投手は里、フローラは小西。
今回の試合、両チーム5回まで投手戦となった。

両先発は5回まで、ランナーを背負うも1失点に抑える好投を見せる。

試合が動いたのは6回。
ディオーネ6番・寺部のエンタイトルツーベースを皮切りに連続ヒットを浴び、さらにバッテリーのミスなどにより、この回8点を失いディオーネに大幅リード許す。

リードをもらったディオーネ2番手投手・宮原は6、7回、落ちついた投球でフローラ打線を抑え、最後は見逃し三振でゲームセット。

京都フローラVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第17戦は、1-9で昨日に引き続きディオーネが勝利し、2017シーズン優勝は兵庫ディオーネが手にした。