※掲載期限切れのため動画は削除しました

8月31日、京都フローラVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第15戦が、わかさスタジアム京都で行われた。

先制点はディオーネ。
初回、2アウト一、二塁で5番・三浦がセンター前にタイムリーを放ち、0-1とする。

その裏、フローラも反撃に出る。
2番・小西から3連打で満塁の場面で5番・池山がレフト前へタイムリーを放ち、同点。
さらに、7番・泉がレフト線を破る2点タイムリーツーベースで、1-3と逆転する。

しかし3回表、ディオーネが逆転に成功する。
1アウト満塁から5番・三浦が押し出し、そして6番・寺部が左中間へ抜ける3点タイムリーツーベースで4点を挙げ、3-5。

さらに5回にも5安打を浴びせ、ふろーらを突き放す。

フローラも7回までに1点を返すも、7回はディオーネ先発投手の坂東が、3人できっちり締めゲームセット。

京都フローラVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第15戦は、4-9でディオーネが勝利した。