「自分たちの野球ができたと思います」--12回の死闘を制し迎えた2回戦。初回いきなり岩見雅紀(総4)に2ランホームランが飛び出し、主導権を握る。投げては今季初先発の関根智輝(環1)が7回途中2失点の好投。春の優勝校相手に文句なしの快勝で勝ち点を3に伸ばした。

 

連日の好投を見せた関根

 強敵相手に3連勝と乗ってきた慶大。2日連続の雨天中止などで水は指されない。マウンドに上がったのは今季初先発となる関根。先頭の熊谷を3球で見逃し三振にとるなどわずか7球で初回を三者凡退に抑える好スタートを見せる。その裏相手先発・手塚から瀬尾翼(理4)が死球で出塁すると、盗塁を絡めて2死三塁のチャンスを作り、迎えるバッターは4番岩見。追い込まれてからの6球目、やや甘く入ったスライダーを弾き返すと、打球はそのまま一直線でバックスクリーンに吸い込まれた。シーズン最多タイに並ぶ7号2ランは連盟年間最多本塁打を更新する12本目。また、通算21本は単独3位の記録となった。

3試合連続で安打を放つ主将・照屋

 先発の関根は1回戦の好調そのままにストライク先行のピッチング。「初回から全力で行った」と、威力ある速球をコースに決めていく。大きなスライダーも有効に使い、6回まで被安打2、7奪三振と立大打線に付け入る隙を与えなかった。

 しかし、照明が点灯した7回に春の覇者が意地を見せる。好投の関根がここまで唯一当たっていた先頭の山根に一発を浴びると、1死後藤野にも甘く入ったスライダーをスタンドまで持っていかれた。続く代打山岸への初球が外れたところで関根は髙橋佑樹(環2)にマウンドを譲る。ところがその髙橋佑も2死二塁のピンチを招いてしまう。流れを渡したくない慶大は3番手石井雄也(商2)を投入。迎えた代打高田に対しノビのある直球で勝負し最後は空振り三振。ここ一番で見事な火消しを見せた。

石井は快投でピンチを救った

 直後の7回裏、立大は守護神中川をマウンドへ。上位打線が2者連続見逃し三振に倒れたが、岩見が強烈なセンター返しで出塁。続く清水翔太(総4)が粘って8球目をライトの右へ運ぶと、岩見の代走・杉本京平(理2)が激走を見せて生還し、2対6とする。さらに続く倉田も引っ張って右中間にタイムリーツーベース。中川を2試合連続で粉砕し、立大の流れを完全に断ち切った。

 石井は9回にピンチこそ招いたが、最後は低めに変化球を集めて2者連続奪三振。崖っぷちから劇的で華麗な4連勝を飾った。

立大・中川からタイムリーを放った倉田

 東大に敗北、法大にも屈したチームはもういない。戦いの中で成長していったのだ。最終回に怒とうの反撃を見せた法大4回戦。それでもわずか1点届かず遠のいた優勝に悔しさが募った。もう「あと1つ」に泣いていられない。その想いを胸に、明治立教相手の4連勝が始まった。ビハインドでの猛攻、2アウトからの得点。あの蒸し暑かった9月よりも戦うその背中は大きく見える。

ダメ押しの追加点をあげ盛り上がる慶大ベンチ

さあ、支度は整った。春の忘れ物を取りに行こう。陸の王者は2度と止まらない。

 

【This is YOUR day!!】 伝説、再び 岩見雅紀

この男はどれだけの記録を塗りかえるのだろう。初回、先制したい場面で豪快な一打を放ち記録をまた塗り替えた。慶大OBの髙橋由伸氏が持つ通算本塁打記録まであと2本として勝負の早慶戦を迎える。4番打者として、たくさんの思いを背負って挑む大舞台。背番号13の一挙手一投足から目が離せない。

記事:尾崎崚登