※掲載期限切れのため動画は削除しました

7月29日、兵庫ディオーネVS京都フローラのヴィクトリアシリーズ第12戦が、春日スタジアムで開催された。

この試合、フローラ、キャプテン・田口が4安打4打点の活躍を見せた。

先制点はフローラ。
初回から2アウト二、三塁のチャンスを掴むと5番・田口がレフト線へタイムリーツーベースを放ち、0-2とする。

さらに2回に1番・前田のスクイズで1点を追加する。

しかしその裏、ディオーネも反撃に出る。
6番・寺部の左中間タイムリーツーベースで1-3。続く7番・指名打者のみなみがレフトへ豪快なツーランホームランを放ち、3-3の同点とする。

負けられないフローラは5回、またも田口がレフト前へのタイムリーで3-5と追加点をあげる。

さらに7回、田口のセンター前への2点タイムリーと7番・泉のタイムリーでこの回一挙4点を挙げる。

7回までにディオーネに2点を追い上げられるも、最後は3番手投手・矢野が3人できっちり抑えゲームセット。

京都フローラが5-9で兵庫ディオーネを下した。