東京六大学野球のOBは、現役時代にどんなことを考えてプレーしていたのか。各世代のOBの方々にリレー形式で繋いでいただきながら、語って頂きます。30代のトップバッターは2001年度早稲田大学主将、末定英紀さんです!

・名前:末定 英紀

出身校:早稲田大学(広島県立高陽東高校)

卒業年度:2002年(平成14年)

同学年に江尻慎太郎(侍JAPAN U12投手コーチ)、藤森健(ブルガリア代表監督)等

ポジション:投手(入学時)、打撃投手(2年時)、外野手(3年時)、一塁手(4年時)

大学在籍時の主な成績:2年春 リーグ戦優勝、3年秋ベストナイン

卒業後の進路:東京ガス株式会社

現役時代の得意プレー:投手も野手も出来ます

——大学の野球部で一番嬉しかったこととその理由

熱い気持ちをもった仲間たちと出会えたことです。

同期の中には3年間浪人してでも早稲田のユニフォームを着て神宮に立ちたい者もおりました。

——野球部について今だから言えること

当時のメンバーの中でよく試合に出られたな、と思っています。当時は、後にプロ野球や社会人野球で活躍する選手も多くいた時代で、江尻、和田、清水、比嘉、鳥谷、青木、由田、田中などがおりました。

また、出場した第76回選抜高等学校野球大会初戦の解説が、後の大学の恩師となる野村徹さんでした。早稲田の監督に就任された時は60歳を超える年齢でしたが、誰よりもハツラツとグランドに立ち続け、全部員分け隔たりなく、一球一球を大切にすることを厳しく指導して頂きました。

——親交が深い他大学の選手とエピソード

他大学同期とは親交が深く、彼らのおかげで成長できた4年間でした。今では、他チームのメンバーも良き仲間として、お酒を飲み交わすのが楽しみになっております。

——東京六大学野球の魅力

六大学野球の魅力は日本の野球界の創成期から発展を支えてきた歴史を持つ点です。私たちOBは過去の歴史をリスペクトし、新たなチャレンジに取り組み「進取の精神と行動」を発揮することで日本球界の更なる発展に携わることができます。

その一環として、母校と協業し以下の活動を実施しました。https://baseballgate.jp/p/24344/

——現役選手へのメッセージ

先輩たちが並々ならぬ努力で築き上げて頂いた伝統を胸に刻み、これからの先の時代に、誇れる日々を過ごして頂ければと願っています。ここまで試合に出ている方、出られない方、マネージャー、新人監督などそれぞれの立場での戦いがあると思いますが、神宮の舞台で皆さまの活躍を拝見出来ることが何よりの楽しみです。頑張ってください!