※掲載期限切れのため動画は削除しました

7月10日にヴィクトリアシリーズ、兵庫ディオーネVS京都フローラの第11戦が、愛知県刈谷球場で開催された。

この試合、フローラ・古谷が移籍後初先発投手で好投を見せる。

3回表にディオーネ4番・山﨑にレフト前タイムリーで1点を失うも、その後は完璧なピッチングを見せ、ディオーネ打線に対し凡打の山を築く。

一方、フローラは3回裏に2アウト三塁のチャンスで2番・前田がセンター前にタイムリーを放ち同点に追いつくと、5回には2アウト満塁で3番・三浦がレフトオーバーのタイムリーツーベース放ち、1-3と勝ち越しに成功。

古谷は6回までディオーネ打線を抑えると、2番手矢野が7回をきっちり抑え試合終了。

京都フローラが1-3で兵庫ディオーネを下した。