※掲載期限切れのため動画は削除しました

6月25日、埼玉アストライアVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第12戦はオリックス・バファローズとのスペシャルコラボマッチと題して、京セラドームで開催された。

昨日の打撃戦から一転し、この試合はアストライア・磯崎、ディオーネ・里、両先発の投手戦となった。

アストライアは初回、2アウト2塁の場面で4番・川端がレフト前タイムリーを放ち1点を先制する。

4回にはアストライア6番・岩谷があわやスタンドインとなる、京セラドームのレフトフェンス直撃の特大ツーベースヒットを放つが、追加点はならず。

アストライア1点リードのまま迎えた最終回に、代打・海老がレフト前ヒットで1アウト一、三塁のチャンスを作ると、9番・岩見がスクイズを成功させ、貴重な追加点を奪った。

その裏、アストライア・磯崎がディオーネ4番・太田をセカンドゴロ併殺に抑えゲームセット。

埼玉アストライアは磯崎が4安打無四球完封で抑え、兵庫ディオーネに2-0で勝利した。
ディオーネ・里は今季初黒星を喫した。