※掲載期限切れのため動画は削除しました

兵庫ディオーネVS京都フローラのヴィクトリアシリーズの第9戦が、6月20日にわかさスタジアム京都で行われた。

先制したのは、ディオーネ。
3回、1アウト2塁の場面で3番・中田が右中間を破るタイムリーツーベースヒットを放つ。さらに、5番・三浦のサードへのタイムリー内野安打の間に3塁ランナーが還り、2-0とする。

4回表、ディオーネ7番・山﨑が2球目を強打。山崎が今季初、レフトへのソロホームランで3-0と追加点を挙げる。

このままでは終われないフローラは、4回裏に1点を返し、続く5回。
6番・泉が1アウト3塁のチャンスにレフトオーバーのエンタイトルツーベース放ち、さらに7番・田口のレフト線へタイムリーツーベースで3-3の同点とする。

しかし最終回、ディオーネは連打で追い打ちをかける。
ノーアウト満塁の場面で5番・三浦から4連打と相手エラーもあり一挙6点を追加し、9-3とアストライアを突き放した。

その裏、ディオーネ3番手ピッチャー・里がアストライア打線をきっちり抑え試合終了。

兵庫ディオーネVS京都フローラのヴィクトリアシリーズの第9戦は、9-3でディオーネが勝利した。

兵庫 0021006=9
京都 0001200=3