女子ウエイトリフティング日本代表として4大会連続オリンピック出場を果たし、12年ロンドン、16年リオと2大会連続でメダルを獲得した三宅宏実に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

アテネ、北京ではメダルに届かなかった彼女が、ロンドンでは日本記録を更新しての銀メダル。そしてリオでは痛み止めを打ち満身創痍での銅メダル。

「16年間の中で、4年4年でドラマがある」

第二弾では、積み重ねてきた彼女の強さの秘密に迫る。

三宅宏実(みやけ ひろみ):女子ウエイトリフティングでオリンピックに4大会連続出場。ロンドンオリンピックで48kg級銀メダル、リオデジャネイロオリンピックでは48kg級銅メダルを獲得。女子48kg級および53kg級の日本記録も保持している。父はメキシコオリンピックで銅メダル、伯父はメキシコ・東京オリンピックで金メダルを獲得しており、ウエイトリフティング界のサラブレットとしてこれまで長年女子ウエイトリフティングを牽引している。