※掲載期限切れのため動画は削除しました

5月26日、京都フローラVS埼玉アストライアのヴィクトリアシリーズ第10戦が昨日に引き続き、わかさスタジアムで行われた。

先制点を奪ったのはアストライア。
3回表、2番・奥村と3番・楢岡のヒットで2アウト二、三塁の場面でフローラ先発ピッチャー・植村がワイルドピッチ。この間にランナーが二人還り2-0と先制を許す。

しかしその裏、フローラも反撃に出る。
1アウト二、三塁のチャンスで1番・前田が三遊間を破る強打を放ち、1点を返し2-1。

さらに5回、1アウト一、三塁の場面で3番・三浦のレフトへの犠牲フライで同点に追いつく。6回には1アウト二、三塁のチャンスで8番・金山がスクイズを成功させ3-2と逆転。

最終回、守り切りたいフローラだったが、1アウト満塁ピンチの場面で3番手ピッチャー・長尾がアストライア6番・今井に左中間へタイムリーツーベースを浴び、5-3と逆転を許す。

その裏、このままでは終われないフローラは、1番・前田から打線をつなぎ1アウト満塁のチャンス作る。ここで5番・小西がレフト前タイムリーで追加点を挙げる。
続く6番・泉のサードゴロの間にランナーが還り同点に追いつく。最後は7番・田口が左中間を破るタイムリー放ち逆転勝利。

ヴィクトリアシリーズ第10戦は京都フローラが2夜連続の逆転サヨナラで埼玉アストライアを下した。

笑顔はじけた、フローラ・岩田の延長8回サヨナラヒットはこちら