★「秋は完投できる投手を」

前日の早慶戦2回戦に敗れ優勝を逃した慶大だったが、3投手の継投で4対3と逃げ切り、2勝1敗で早慶戦を制した。

慶大は2回に瀬尾翼内野手(4年・早稲田佐賀)の2点タイムリーで先制すると、5回に相手投手の暴投、6回に天野康大外野手(4年・智辯学園)のタイムリーで1点ずつを加え、4得点を挙げた。

投手陣は、前日に先発し1回2失点で降板していた菊地恭志郎投手(3年・慶應志木)が早大・佐藤晋甫内野手(4年・瀬戸内)に3試合連続本塁打を浴びるなどしたが、7回4安打3失点と試合を作った。菊地は「昨日よりも思ったように投げられました」と話し、「秋は完投できる投手を目指したいです」と抱負を語った。

8回・9回は津留崎大成投手(2年・慶應義塾)と高橋佑樹投手(2年・川越東)が無失点で切り抜け、慶大が伝統の早慶戦を制した。

試合後、大久保秀昭監督は投手陣に「やられっぱなしにならなかったのは大事なこと、悔しさと自信を持って来季に繋げて欲しいです」と期待をかけ、「秋は先発完投できる投手を作っていきたいです」と話した。

勝利が決まり拳を握りしめた高橋佑樹。「早慶戦は気合いが入ります。また何度でもやりたいですね」と笑顔を見せた。


★加藤雅樹が初の首位打者獲得

早実時代の高校3年夏に清宮幸太郎内野手(当時1年)らとともに甲子園4強進出を果たした加藤雅樹外野手(2年・早実)が打率.375で初めての首位打者賞を獲得した。

序盤から高打率でチームを引っ張った一方で、早慶戦3試合では11打数2安打0打点に終わり「打てないコースがはっきりしてきたので、秋はその反省を生かしてやっていきたいです」と、更なる成長を誓った。

最優秀防御率の法大・菅野秀哉投手(3年・小高工)との記念撮影に収まる加藤


◎ベストナイン

投手:田中誠也(立大2年)

捕手:郡司裕也(慶大2年)

一塁手:清水翔太(慶大4年)

二塁手:倉田直幸(慶大4年)

三塁手:笠松悠哉(立大4年)

遊撃手:相馬優人(法大2年)

外野手:加藤雅樹(早大2年)、岩見雅紀(慶大4年)、山根佑太(立大4年)

◎早稲田大vs慶應義塾大 3回戦

早稲田大 000001200=3
慶應義塾大 02001100X=4
【早】●早川、大竹、小島、柳澤—小藤、岸本
【慶】◯菊地、津留崎、高橋(佑)—郡司
本塁打:早稲田大・佐藤(晋)《6回ソロ》

閉会式後に胴上げされる熊谷敬宥主将(立教大)


文・写真:高木遊