※掲載期限切れのため動画は削除しました

ヴィクトリアシリーズ、兵庫ディオーネVS埼玉アストライアの第6戦が、越谷市民球場で行われた。

まずは2回表アストライア先発投手・谷山が1アウト一塁でランナーを背負ったところで、ディオーネ9番・みなみに右中間へタイムリーツーベースヒットを打たれ、1-0と先制を許す。

しかしその裏、アストライア8番・松村と9番・岩見の連続ヒットで満塁のチャンスを作り、1番・佐藤。ピッチャー返しの打球がセンター前へ抜け、2-1と逆転に成功。

さらに3回。アストライア3番・川端がセーフティバントと盗塁を成功させ、1アウト三塁と追加点の場面で5番・今井。三遊間を破るタイムリーヒットを放ち、3-1と追加点を挙げる。

続く4回裏、2アウト二塁の場面でアストライア4番・楢岡のレフトオーバータイムリーツーベースヒットで4-1とさらにリードを広げる。

その後、5回、6回に1点ずつを返されるも最後は、アストライア2番手・ピッチャー山崎が三者凡退に抑え試合終了。

埼玉アストライアが強豪・兵庫ディオーネを4-3で撃破し、ホーム初勝利を飾った。