※掲載期限切れのため動画は削除しました

5月12日のヴィクトリアシリーズ、京都フローラVS埼玉アストライアの第8戦が、昨日に引き続き県営大宮球場で行われた。

この試合は京都フローラ打線が爆発。

まずは3回表、アストライア先発投手・宮原に襲いかかった。
1番・前田が盗塁に成功し、2アウト二塁の場面。3番・三浦がセンター前へタイムリーツーベース、続く4番・中村がライトオーバースリーベースヒット、そして5番・小西も同じくライトオーバータイムリーツーベースヒットと連打で、3-0と先制。

続く4回もフローラの攻撃がとまらない。
8番・金山のセンター前ヒットを皮切りに5安打2犠打と送りバントを含め、打線一巡の猛攻で、この回一挙5点を追加し、アストライアを8-1と引き離す。

追いかけるアストライアも4回までに2点返すもそれ以降は得点を奪えず。

最終回、フローラはさらにダメ押しをかける。8番・金山、3番・三浦のレフト前ヒットとアストライアのエラーもあり、2点を追加した。

ヴィクトリアシリーズ第8戦は終わってみれば京都フローラが埼玉アストライアを10-2と大差をつけて、勝利した。

前回5/11の京都フローラVS埼玉アストライア戦ハイライト動画はこちら!