5月8日、東京六大学春季リーグ第5週2日目が行われ、負ければ勝ち点を失う明大が9回2アウトから追いつき、法大と2対2で引き分けた。連勝をあと一歩で逃した法大も前日先発の篠木健太郎(4年・木更津総合)による気迫あふれる好救援で、明大に勝ち越しを許さなかった。

「与えられた役割を全力でやるだけ」とチームの大黒柱としての意気込み十分な篠木

 優勝を争う中で、負けられない両者の気迫がせめぎ合う好ゲームの勝敗は決しなかった。

 法大は先発の尾﨑完太(3年・滋賀学園)が6回無失点、打っても4回に先制の2点タイムリー三塁打を放つなどチームを牽引した。そして7回からは勝利の方程式の一員である塙雄裕(3年・常総学院)が2イニングを無失点に抑え、9回は武冨陸(3年・日大藤沢)に託した。

 だが最終回、明大が意地を見せる。死球から作ったチャンスで上田希由翔(3年・愛産大三河)がバットを短く持って振り抜き1点差に迫るタイムリー二塁打を放つ。さらに4番から6番にこの日降格した山田陸人(4年・桐光学園)が低めのチェンジアップをレフト前に運んで同点に追いついた。

 さらに四球でチャンスが広がったが、ここで法大は前日に先発した篠木をマウンドに送った。6回109球を投げた翌日ではあったが気迫のこもった150キロ前後のストレートで押していき、9回そして10回から12回の延長戦で無失点に抑えた。

 この気迫に応えたい法大打線ではあったが、明大の髙山陽成(4年・作新学院)も「ストレートで押せて、気持ちをボールに乗せることができました」と譲らず無失点に抑えて試合終了。延長12回の熱戦に勝敗はつかず、勝ち点の行方は明日の3回戦に持ち込まれた。

4番から降格した山田が執念の一打を放ち試合を振り出しに戻した

■明治大vs法政大2回戦
明大 000 000 002 000=2
法大 000 200 000 000=2
(延長12回。規定により引き分け)
【明】村田、髙山-蓑尾
【法】尾﨑、塙、武冨、篠木-村上

◎法大・加藤重雄監督
「昨日のパターンで継投しましたが判断ミスでした。9回の頭から篠木で良かったですね。負けてはいないので明日が1回戦のつもりで戦います。投手起用は帰ってから十分に考えます」

◎篠木健太郎(4年・木更津総合)
「いつ出番が来てもいいようにと準備していました。1点もあげられない状況だったので攻撃にリズムを持ってこようと思って投げました。(母の日)母は毎日LINEをくれますし応援にも頻繁に来てくれます。感謝の気持ちを持ってプレーで恩返しをしたいと思っています」

◎明大・田中武宏監督
「髙山はこれくらい投げられる投手。コーチに厳しいことを言われて気持ちの面で成長してきていると思います。山田はあの場面で打てなかったら代えようと思っていたくらいですが、よく打ってくれました」

◎明大・山田陸人(4年・桐光学園)
「なんとか食らいつこうと思って打席に立ちました。低めのチェンジアップを上手く拾うことができました。(6番降格は)結果が出ていないので当然と思って集中して打席に立ちました」

4年生にしてようやく本領を発揮している髙山の好救援が連敗危機のチームを救った

文・写真=高木遊