リーグ戦初勝利を挙げた高橋亮吾(慶應義塾大)=神宮球場

★終盤3回をパーフェクトリリーフ
明治大vs慶應義塾大1回戦
明治大   101001000=3
慶應義塾大 00003011X=5
【明】齊藤、●外尾、石毛、入江、三輪—氷見
【慶】高橋(佑)、菊地、◯高橋(亮)—郡司
本塁打:明治大・宮崎《6回ソロ》

ハイライト動画はこちら!

「たくましいです」と試合後、大久保秀明監督が語ったように慶大が明大に接戦の末に粘り勝ち、先勝した。
 試合は明治大が初回に竹村春樹内野手(4年・浦和学院)と逢澤峻介外野手(3年・関西)の連打と相手失策で先制。3回にも逢澤と越智達矢外野手(3年・丹沢)の連打と、平塚大賀内野手(3年・春日部共栄)の犠牲フライで追加点を挙げた。ただ、この左中間に抜けそうなフライを慶應義塾大の中堅手・柳町達外野手(2年・慶應義塾高)が好捕し、失点は最小限に抑えられた。
 そして、5回に慶大は明大先発の左腕・齊藤大将投手(4年・桐蔭学園)を捕らえ、天野康大外野手(4年・智辯和歌山)と柳町のタイムリー、岩見雅紀外野手(4年・比叡山)の犠牲フライで逆転に成功した。

 6回には明大・宮崎新内野手(4年・履正社)のソロ本塁打で試合は振り出しに戻るが、7回裏に慶應義塾大は天野の安打や岩見の投手強襲安打などで満塁のチャンスを作った。すると、このピンチに登板していた明大の入江大生投手(1年・作新学院)が暴投し、慶大が勝ち越し。
 さらに8回にも瀬尾翼内野手(4年・早稲田佐賀)がダメ押しタイムリーを放った。

 このリードを7回から登板していた高橋亮吾投手(2年・慶應湘南藤沢)が1人の走者も許さない完璧な救援で試合を締め、リーグ戦初勝利を挙げた。
 この日は母・縁(ゆかり)さんも応援に訪れており、「母の前で母の日に勝てたことが嬉しいです」と話した。
 最も感謝しているのは慶應湘南藤沢中を受験した際に勉強に専念させてくれたことだそうで、「どうしてもストレスをぶつけるようなこともしてしまいましたが、最大限のサポートをしてくれました」と今でも感謝の念を強く持っているという。
 親孝行を果たした高橋は「他にも良い投手がいるので、これからもしっかり自分の仕事を果たしていきたいです」と、すぐに次戦以降に気持ちを引き締めていた。

3回に好守備を見せた柳町は打っても2安打1打点。7回にも勝ち越しのチャンスを広げる犠打をきっちりと決めた=神宮球場

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「点を取られてもズルズルといかなかったですし、我慢強く試合をしてくれました。柳町も風がある中でよく捕ってくれたと思います。高橋亮吾も終盤3回はいろんなプレッシャーがある中で、よく投げてくれました」

文・写真:高木遊