4月25日、東京六大学春季リーグ第3週3日目が行われ、第2試合では明大が3対2と接戦を制し、早大に勝利。勝ち点を2とした。

7回に貴重な追加点となるタイムリー三塁打を放った明大・日置

 明大は3回、2死一塁から打率トップの宗山塁(2年・広陵)の2ランで先制する。
2-1の7回には1死からヒットと犠打でチャンスを広げると、日置航(4年・日大三)のタイムリー三塁打で追加点を奪う。

5回からは2回戦に先発した村田賢一(3年・春日部共栄)が救援。前日の反省を生かし「今日はとにかく逃げないで、思い切りインコースをついて行こうと思って投げた」と、ほぼ毎回ランナーを背負う展開も粘り強いピッチングでリードを守り切った。

入学以来初めてとなる3回戦を戦い、連投で勝利を呼び込んだ明大・村田

 早大は2点を追う4回、吉納翼(2年・東邦)に大学初本塁打が飛び出し1点差とする。
7回に追加点を奪われた直後にも犠飛で1点を返すなど食らいつくが、終始追う展開に。

明大の3安打を上回る8安打を放つものの決定打に欠き、一歩及ばなかった。今季5試合で最多得点は3で、今カードも全て2得点。
小宮山悟監督は試合後、「力負けですよね。打てないので」と厳しく、中川卓也主将(4年・大阪桐蔭)も、「2点しか取れない打線では勝てるものも勝てない」と声を落とした。

試合に勝利し、この日の先発・蒔田と抱き合う村田

■明治大vs早稲田大3回戦
明大 002 000 100=3
早大 000 100 100=2
【明】蒔田、○村田-簑尾
【早】●齋藤正、伊藤樹、原、伊藤大-印出
本塁打:明大・宗山(3回2ラン)、早大・吉納(4回ソロ)

◎明大・田中武宏監督
「このカードが始まる前から選手にも、『いくら離しても早稲田さんは絶対に追いかけてくるから。逆に離されても向こうも同じように考えているから』と言いましたが、予想通りでした」