※掲載期限切れのため動画は削除しました

4月30日ヴィクトリアシリーズ、京都フローラ VS 埼玉アストライアの第4戦は、小山市民球場で行われた。

今日の試合は両チーム、勝利への執念を見せ一進一退の攻防に。

まずは、初回から京都フローラがチャンスを作る。
2アウト二塁という場面、ここで4番・中村がセンター前にタイムリーを放ち、1-0と先制。

さらに2回表、フローラはノーアウト二、三塁とする場面で8番・岩田。
ライト前に打球を運び、タイムリーヒットで2-0と追加点をあげる。

その裏、連敗を避けたいアストライアも粘りを見せる。
4番・楢岡がレフト線へツーベースヒットを放ち、5番・今井が送りバントで1アウト三塁とし、
ここで6番・岩谷が、三遊間を破るタイムリーで1-2と1点差とする。

さらに3回裏。アストライアは1アウト一、三塁の場面で4番・楢岡のレフト前へ犠牲フライで2-2の同点とする。
その後、6番・岩谷がライト前タイムリーヒットを放ち、3-2と逆転に成功。

しかし、フローラも5回に6番・泉の犠牲フライとアストライアのエラーで1点追加で
3-3の同点。

続く6回。0アウト二塁の場面で8番・岩田が右中間を破るツーベースヒット、そして1番・前田がセンター前タイムリーヒットを放ち、4-3と逆転する。
まだ終わらないフローラの攻撃。3番・三浦がレフトオーバーのタイムリースリーベースで5-3。さらに4番・中村もレフト前にタイムリーを放ち、6-3と突き放しにかかる。

追いつきたいアストライアは6回裏、1点を追加し6-4。

さらに最終回、7回裏にアストライアは、勝利に向け執念を見せる。
5番・今井がライト前ヒット、6番・岩谷もセンター前にヒットを放ち、8番・奥村が内野安打で2アウト満塁とする。このチャンスで9番・岩見がレフト前に2点タイムリーヒット放ち、ランナー二人がかえり、6-6の同点に追いつく。

延長に入った8、9回は両チームランナーを出しながらも無得点。
延長9回の末、京都フローラ VS 埼玉アストライアの第4戦は規定により引き分けで終了した。

昨日の京都フローラ VS 埼玉アストライアの第3戦はこちら