★「今日は郡司です」(大久保監督)

ハイライト動画はこちら!

☆立教大vs慶應義塾大3回戦
立教大   000 000 001=1
慶應義塾大 000 050 10×=6
【立】●田中誠、中村、比屋根、宮崎—藤野
【慶】〇関根、髙橋佑、髙橋亮—郡司
本塁打:慶應義塾大・郡司《7回ソロ》

 

6回途中無失点で今季2勝目を挙げた慶大の1年生右腕・関根

 

 

 

 立大の1勝1分けで迎えた今カード3回戦。立大は田中誠也(2年・大阪桐蔭)、慶大は関根智輝(1年・城東)と、2対2で引き分けた2日前の1回戦と同じ2人の投げ合いで試合が始まった。
 序盤はともにチャンスを作りながらも無得点。試合が動いたのは4回裏。4番・岩見雅紀(4年・比叡山)がヒットで出塁し、続く5番・郡司裕也(2年・仙台育英)の右中間を破る2塁打を放つと、一塁走者の岩見が「酸欠で倒れるかと思いました」と言いながらも長躯ホームイン。さらに清水翔太(4年・桐蔭学園)、倉田直幸(4年・浜松西)の連打で立大の先発・田中誠をマウンドから引きずり下ろすと、倉田の好走塁での本塁生還の後に天野康大(4年・智辯和歌山)がトドメの2点タイムリー3塁打。この回打者10人の猛攻で5点を奪い、一気に試合の主導権を握った。

 

4回裏、郡司の2塁打で一気に本塁生還した慶大・岩見

 

 

 

 慶大の先発・関根は走者を背負いながらも動じることなくスコアボードにゼロを重ね、6回無死1、2塁のピンチを背負った時点で降板。このピンチを髙橋佑樹(2年・川越東)が無失点で切り抜けると、7回裏に打撃好調の郡司がレフトへ今季リーグ戦2本目となる本塁打を放ち、慶大がダメ押しの6点目を奪取。最終的に打線が11安打を放ち、1年生右腕の関根が2勝目を挙げた。
 敗れた立大は、2日前の1回戦で8回2失点と好投した先発・田中誠が4回途中に捕まって無念の降板。主砲の笠松悠哉(4年・大阪桐蔭)を負傷で欠いた打線は、初回のチャンスを逃すと、4回1死1、3塁、5回無死1、2塁でも無得点。9回にようやく1点を返したが時すでに遅く、勝負の行方は明日25日の第4戦へともつれこんだ。

 

4回途中で無念の降板となって帽子を取りながらベンチに下がる立大・田中誠

 

 

 

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「関根が頑張りましたね。堂々と投げていました。(4回の攻撃は)4番がチャンスを作って、郡司がこちらの意図をくみ取っていい仕事をした。守るだけじゃなくて打てるところも彼の持ち味。今日は郡司ですね。今日負けるとかなりしんどい展開になることをみんなが感じていい準備ができた」

◎慶應義塾大・関根智輝投手(1年・城東)
「第1戦で負けていたので、この試合は落とせないと気合を入れて投げました。今日は思い切って腕を振って投げることができて、ツーシームが結構落ちていた。(開幕戦の)東大戦と比べても良くなってきている部分がある。毎日成長して行ければと思います」
◎慶應義塾大・郡司裕也(2年・仙台育英)
「関根が頑張ってくれていた。ナイスピッチングでした。(4回の先制のタイムリー2塁打は)相手もバントかなと思ったと思うので、案の定、初球に甘いストレートがきた。(岩見が)稀に見る激走で良く走ってくれました。(7回の本塁打は)コンパクトに振った。まさかあんなに飛ぶとは思わなかった。(去年の)秋はヒット10本だったのが、(今年の春は)もう9本。ここから落ちて行くのが怖いですけど、ヒットを1本でも多くという気持ちでやって行きたい」