自然の流れの中で決断した地元の名門校進学

 トップアスリートはいかにしてキャリアを選択してきたのか。日本代表歴代最多となる国際Aマッチ152試合出場、ワールドカップ(W杯)にも3度出場しているMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)が、自身の進路選択を回想。41歳のレジェンドは、地元の名門・鹿児島実業高校への進学や横浜フリューゲルス入団を、自身の意志を貫いて決断しながら、偉大なキャリアを築き上げてきた。(取材・文=佐藤 俊)

   ◇   ◇   ◇

 中学でボールを追う選手にとって、進学先の選択は自らのサッカー人生を大きく左右する決断になる。Jリーグでプレーしている選手、日本代表で活躍している選手もそうした選択の時を経て、チャンスを掴み、プロサッカー選手になった。今年、プロ生活24年目のシーズンを戦っているMF遠藤保仁も中学3年の時、進路を決断しなければならなかった。

「僕は、進路について迷いはなかったです。中3の夏を過ぎて、最後の大会が終わった時には鹿実(鹿児島実業高校)に行くんだろうなって思っていました。自分の兄貴が目標だったし、その兄貴が鹿実に行っていたので。それに鹿実サッカー部の松澤(隆司)先生をはじめ、知っている人もたくさんいました。当時は、国見とか帝京が強かったですが、鹿実も強かったんで、他に行く選択肢はなかったですね。今みたいに簡単に高校の情報を得られる時代でもなかったので、鹿実に行くのが自分の中では自然でした」

 遠藤が中3の頃は、Jリーグが開幕して2年目の時だ。当時12クラブの下部組織はできつつあったが、J2やJ3はなく、全国にクラブユースがあるわけではなかった。部活を続ける選手たちにとっては、高校サッカー選手権が野球の甲子園と同じ憧れのステージ、夢の舞台だった。

「僕らが中学から高校に行く時は、ユースが極端に少なかったし、今みたいにいろいろ選択肢があるわけじゃなかった。上手い選手は高校の強豪校に行くのが当たり前で、みんな高校選手権を目指していました。高校選手権でNo.1になれれば、全国でNo.1になれるし、名前も知られるようになるので、自分もそこを目指していました」

自分の時より「目指すところも高くなっている」

 質の高い選手が部活を選んでいたというのは、当時の年代別日本代表選手の所属先を見ても一目瞭然だ。1999年ナイジェリア・ワールドユース(現・U-20W杯)の出場メンバーに遠藤ら1979年度生まれの「黄金世代」は14人いたが、ユース出身者はMF稲本潤一(ガンバ大阪ユース)とMF酒井友之(ジェフユナイテッド市原ユース)の2人のみだった。今では考えられないが、20年以上前は優秀な選手は高校を選択していたのだ。

 では、高校からプロに行く際、遠藤は横浜フリューゲルスに加入しているが、選考の基準は何かあったのだろうか。

「一番は、単純にフリューゲルスが好きだったからですね。プロサッカー選手になりたいと思った時、フリューゲルスがフランチャイズとして鹿児島でも試合をしていたので、よく観に行っていたんです。それで好きになったので、もしヴェルディ(川崎/現・東京ヴェルディ)が来ていたらヴェルディを好きになっていたと思う。やっぱり昔は目の前で試合を観られるというのがすごく大きかった。それにゾノ(前園真聖/鹿実出身)がいたし、松澤先生の推薦もありました。フリューゲルスが熱心に誘ってくれていたのは聞いていたので、そこはまったく迷いがなく、自分の好きなクラブに行けて嬉しいという感情が大きかったです」

 遠藤たちの時代は、強豪校からのプロ入りが、プロサッカー選手になる主要な手段だった。今もそれはプロになるための手段の一つだが、子供たちの目指す先が少し変わった。

「昔は、中高生が目指すところはJリーグだったけど、今は世界をターゲットにしている子供が多い。世界を目指せばおのずと意識が高くなるだろうし、成長の速度も早くなる。指導者もいろいろな情報を得て、良いトレーニングを取り入れて、選手の環境が昔よりも良くなっているので、自分らの時よりもみんな上手くなっているし、目指すところも高くなっていますね」

 環境が良くなり、技術レベルの高い選手は増えた。ただ、最近はユースの選手も含めて高校を卒業して、すぐにプロへと舵を切らず、大学に進学する選手も多い。最近ではMF三笘薫(川崎フロンターレU-18→筑波大学)をはじめ、ユース出身ながら大学で力を蓄え、即戦力としてプロに入り、素晴らしいパフォーマンスを見せている。

指導者の質が上がり「大学のレベルが上がった」

「ひと昔前の代表のメンバーリストを見たら、80~90%が高校出身者で占められていたと思うけど、今は50%いるかどうか。良い選手が高校ではなく、クラブユースを選択しているということだと思うけど、その理由の一つは高校選手権の魅力が薄れてきているのかなぁって思いますね。僕らが小さい頃や高校の時は高校選手権が夢の舞台で、目標でもあったけど、今はクラブユース選手権とか目指すところがいろいろとある。

 あと、指導者の質が上がって、大学のレベルが高くなったので、いろんなことを経験してからでもいいというマインドの選手が増えているのも大きいですね。その結果、技術だけじゃなく、人間力みたいなのも評価されるとか、スカウトの目線も昔とはだいぶ変わっているのも影響しているかなって思います」

 部活出身の遠藤は、「高校出身の自分からすると高卒ルーキーの良い選手がもっと出てきてほしいなと思いますね」と思いを語る。遠藤自身、子供の進路は本人に選択を任せたという。環境面が充実する一方、情報が簡単に大量に得られる時代になり悩むことも増えているだろうが、最終的には「自分の意志」という部分は、昔も今も変わらない。

■遠藤保仁

 1980年1月28日生まれ、鹿児島県出身。3人兄弟の三男として幼少期からサッカーに熱中し、鹿児島実業高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルス加入。1年目からJリーグで活躍すると、京都パープルサンガ(当時)を経て2001年にガンバ大阪に完全移籍した。司令塔として攻撃的スタイルの中核を担うと、J1優勝2回、2008年AFCチャンピオンズリーグ制覇などクラブ黄金期の確立に大きく貢献。日本代表でも長年にわたって活躍し、W杯に3度出場した。国際Aマッチ152試合出場(15得点)は歴代最多記録となっている。昨年10月にジュビロ磐田へ期限付き移籍、プロ24年目の今季もレギュラーの1人としてJ1昇格を果たしたチームを支えた。(佐藤 俊 / Shun Sato)

佐藤 俊
1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。