※掲載期限切れのため動画は削除しました

ヴィクトリアシリーズ 兵庫ディオーネVS埼玉アストライアは4月9日、昨日に続き川口市営球場で行われた。

今日の試合はディオーネ打線が繋がり、先発投手・古谷を援護。

まずは1回表。アストライア先発ピッチャーの海老にディオーネ打線が襲いかかった。
2塁にランナーをおいた場面で、ディオーネ4番・太田が左中間を破るタイムリーツーベース。続く5番・寺部も同じく左中間へ。この回、ディオーネが2得点をあげる。

一方、アストライアはランナーを出すもディオーネ先発ピッチャー・古谷に抑えられ得点にはならず。

さらに3回にもディオーネ打線が火を噴く。
3番の中田がライトオーバーのスリーベースヒット。5番・寺部が犠牲フライ。そして8番・みなみがセンター前に2点タイムリーで3点を追加し5-0とする。

このままでは終われないアストライアが反撃に出る。5回、1番・佐藤がレフト線へタイムリーツーベースヒット。6回にも7番・加藤がライト線へタイムリーツーベースを放ち、5-2と3点差まで追いつく。

しかし、古谷から代わった、ディオーネ・泉が6回、7回を1失点に抑えゲーム終了。
6戦目、強豪ディオーネがアストライアを5-2で下した。