【スコア】
佐賀東 2-1 佐賀商

【得点者】
前半7分 0-1 原口海斗(佐賀商)
後半32分 1-1 小嶋悠央(佐賀東)
延長前半1分 2-1 小嶋悠央(佐賀東)


全国高校サッカー選手権大会・佐賀県大会決勝が13日に行われ、佐賀東と佐賀商が対戦した。

試合は前半7分、佐賀商が先制点をあげる。左サイドを抜け出した徳島和希がグラウンダーのクロスを供給。ニアで受けたFW原口海斗が正確なトラップから左足を振り抜き、相手GKの足元をかすめながら反対のサイドネットに突き刺した。その後も佐賀商が前線から激しいプレスをかけながら試合を優位に進め、佐賀東も縦に速い攻撃を繰り出しながら、スピード感のあるゲームを展開する。そのまま0-1で佐賀商がリードし前半は終了した。

後半が始まりチャンスを多く作った佐賀東は、サイドでテクニカルな選手が仕掛けながらゴールに迫るシーンを増やすも、佐賀商がなんとかクリアをしリードを守る。後半32分、固い守りを続ける佐賀商ゴールを佐賀東がついにこじ開ける。左サイドのショートコーナーからクロスを上げると、ニアで待っていたFW小嶋悠央が足下に収める。そのまま綺麗に反転し右足を振り抜いたシュートはファーサイドのサイドネットに突き刺さった。これで勢いが出てきた佐賀東だったが、結局このまま1-1で80分が終了し延長戦へ突入する。

延長前半開始10秒、いきなり動く。佐賀東のキックオフから前に蹴り出したボールを味方が競り勝つと中央で受けたFW小嶋悠央が抜け出し、右足を振り抜いてゴール左に突き刺し勝ち越し点をあげる。この一点を守り切った佐賀東が勝ちきり、試合は2-1で終了した。佐賀東が2大会連続12回目の優勝をきめた。