森木大智 (もりき・だいち)
●守備 投手●身長・体重 184cm・82kg
●生年月日2003年4月17日●所属 高知高
●球歴 高知中→高知高
●出身地 高知県●投打 右右
【写真提供=共同通信】

運命のドラフト会議を超速報!今年はSportsBullでLIVE配信をお届けいたします。

 

 中学3年生、軟式ボールで150キロを出して、名前が全国に知れ渡った。ここからプロ野球スカウトの森木詣が活発になる。

「この時期に1年生を見に来ることはないけど、1度見てみたかった。フォームも含めて悪いところが見つからない。伸びしろは十分で2年後が楽しみ」

「1年生でこれだけ投げられたら申し分ない。バランスがいい。3年生になったら末恐ろしい」

「まだまだ先がある選手。静かに見守りたい。そっとしておきましょう」

 1年生になりたての頃、こんなコメントがスポーツ紙に並んだ。

 しかし遡ると、野球を始めたての頃はキャッチャーだったという。小学5年生の森木少年を見た高知の濱口佳久監督は、いずれはピッチャーで、と直感したという。以後、中高と6年間、指導することになる。

「高い目標を持って貪欲に野球に取り組むところがなによりの長所」と指揮官はいう。そう、メンタルが強いのだ。

 高知中3年で春夏優勝。高校では1年春からベンチに入って、夏の県大会ではエースに。決勝で明徳義塾に敗れた。直後の8月にヒジのケガを発症してしまう。

 主戦に戻ったのが2年秋。県大会決勝・明徳戦では151キロを計測した。3年春に県大会と四国大会を制した。ただ、先発ではなくてリリーフが多かったが26イニング、被安打14。28奪三振、防御率0.34の快投だった。

 明徳には県大会で破れ、四国大会で雪辱した。

 総決算、夏の県大会。決勝で明徳に8回3失点で敗北。結局、甲子園には出られなかった。

「思い通りに行かない3年間だった」と本人は悔やんだ。

 また、高校でスピードがどこまで伸びるか、という興味がもたれた。

「硬式球は力の伝え方が難しかった」という。3年春の四国大会で154キロを出した。ここが高校での最速になっている。

 それでももちろん、将来はローテーションピッチャーになる素質は十分すぎるほどに備わる。在阪パ・リーグスカウトが言う。

「手元まで伸びて球威のある球が来る。真っすぐとわかっていても打者は差し込まれて打てない。小園君が柔ならこっちは剛。カーブが良くなって、投球の幅が広がっている」

 欲しい球団は、とにかく1位で指名するしかない状況だ。

「ストレートの平均は147キロ。無駄な力が入っていないから、ベース上でも球が伸びる。彼を1位に推さなかったら担当じゃない」

 ここまでスカウトに言わせる投手は多くないだろう。

 リリースポイントがやや低めで、もっと角度がつけばさらに打ちづらくなりそうだ。

 変化球はスライダー、カット、スプリット、チェンジアップ。カーブが、一番自信があるという。

 甲子園に縁がなかったため、〝リアル森木〟に触れたファンが多くない。全国区デビューする日が、やっと来る。

(文=清水岳志)