山下輝(やました・ひかる)
●守備 投手 ●身長・体重 188cm・100kg
●生年月日 1999年9月12日 ●所属 法政大
●球歴 木更津総合高→法政大
●出身地 千葉県 ●投打 左左


運命のドラフト会議を超速報!今年はSportsBullでLIVE配信をお届けいたします。

 188センチの長身から最速151キロの球を投げ下ろす大型左腕。東京六大学リーグでは今春まで通算4勝に留まっているが、そのポテンシャルはまだまだこんなものではないと思わせるポテンシャルがある。

 千葉県木更津市に3人兄弟の末っ子として生まれ、2人の兄の影響で野球を始めた。岩根フェニックスで野球を始めた頃から投手だが、岩根西中時代は全部員7人の小所帯の軟式野球部でプレー。「成長痛もありましたし、体もできていなかったので軟式で体を作ってから上に行こうと思いました」と振り返るように、その環境でも着実に力をつけると、3年時には選抜チームである千葉ファイターズの一員に選出。エースとして15U全国KB野球秋季大会で日本一に輝いた。

 高校は地元の強豪・木更津総合高に進学。1年夏から一塁手のレギュラーの座を掴み、2年時には春夏連続で甲子園に出場。秋の新チームから早川隆久(楽天)の後を継ぐエースとなり、多くのものを伝授され吸収した。

「早川さんという大きな存在を近くで見てきたので参考にすることはたくさんありました。変化球はカーブ、チェンジアップに加え、冬場に握り方から(リリース時の)抜き方まで教えてもらったツーシームやスライダー、縦のスライダーを教えてもらいました」

 そう高校3年夏前に話していたように、投球の幅を広げると、早川同様にエースとして好投を続けて甲子園出場に導いた。

 その後、侍ジャパンU-18代表にも選出されるなど順風満帆のように思えたが、法政大進学後に左肘を痛めてトミージョン手術をし、長期のリハビリを強いられることになった。

 それでも3年春の東大戦でリーグ戦デビューを果たし、最終回をきっちり3人で抑えると、その後リリーフとして好投。春秋通じて2勝、11イニングで自責点1と好投し評価を高めていった。

 そして、最終学年かつドラフトイヤーとなった今年、先発のマウンドに上がるようになると、春季リーグの早稲田大戦で8回1失点の好投で先発初勝利。続く明治大戦では8安打を打たれながらも粘りの投球で2失点に抑え、リーグ戦初めての完投勝利を掴むなど、徐々に本領を発揮し始めている。

 さらなる活躍が期待される今秋は、チームの新型コロナウイルス集団感染によりリーグ戦の参加が遅れている。だが、その誰にも真似できない大柄な体格を生かしたスケール感たっぷりの投球で、スタンドを沸かせてくれる日が近いことは間違いないだろう。

文・写真=高木遊